(左から)早見あかり、西島秀俊、斎藤工、長澤まさみ、有岡大貴 (C)エンタメOVO

(左から)早見あかり、西島秀俊、斎藤工、長澤まさみ、有岡大貴 (C)エンタメOVO

斎藤工『シン・ウルトラマン』公開初
日に鑑賞も“遅刻” 西島秀俊「僕も
ウルトラマンになりたかった」

 映画『シン・ウルトラマン』公開初日舞台あいさつが13日、東京都内で行われ、出演者の斎藤工、長澤まさみ、有岡大貴、早見あかり、西島秀俊と樋口真嗣監督が登壇した。
 ウルトラマン誕生から55周年記念作品として製作された本作は、次々と巨大生物・禍威獣(カイジュウ)が現れるようになった日本を舞台に、禍威獣対策のスペシャリストが集結した「禍特対(カトクタイ)」とウルトラマンの活躍を描く。
 ウルトラマンになる男・神永新二を演じた斎藤は、初日に観客として映画館を訪れたことを告白。
 「今朝8時の回、チケットを取っていたのですが、天気と交通事情の折り合いがつかなくて、開始時間に少し間に合わず。事前予約していたのですが、(発券する)機械に『受け付けに行ってください』と表示が出た。受け付けで、名前と個人情報の確認の点呼がありまして『斎藤工さん、シン・ウルトラマン、8時20分の回、どうぞ』と案内されました」とエピソードを披露して笑わせた。
 本作を鑑賞するのは、2度目となった斎藤。「申し訳ない気持ちがあった」としつつ、「僕もまた一観客としてこの作品を体感して、興奮冷めやらぬ思いです」と語った。
 神永の相棒・浅見弘子役の長澤は、劇中でウルトラマンの手の平に乗るシーンがあったという。
 「グリーンバックで撮っているので、想像の中での撮影だったのですが、本編を見て『あっ、ちゃんと手の平に乗ってるな』と思いました」と明かした。
 斎藤から「しっかりと乗っていましたよ」とフォローされると、長澤は「『よかったな』と自分で見て確認した感じでした」と笑顔を見せた。
 「禍特対」の班長・田村君男役の西島は、斎藤がウルトラマンに変身するシーンを、「とにかくカッコよかった」と称賛。
 幼い頃からウルトラマン好きだったそうで、「そりゃうらやましいですよ。僕もウルトラマンになりたかったです」と語った。

エンタメOVO

新着