櫻井海音 (C)エンタメOVO

櫻井海音 (C)エンタメOVO

櫻井海音「俳優は目指そうと思って始
めたわけではなかった」舞台「鎌塚氏
、羽を伸ばす」【インタビュー】

 2011年から定期的に上演している人気舞台シリーズ「鎌塚氏シリーズ」の第6弾となる新作M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、羽を伸ばす」が7月17日から上演される。本作は、「完璧なる執事」として名高い・鎌塚アカシ役でシリーズ第1弾から主演を務める三宅弘城と、ヒロインの綿小路チタル役でシリーズ2度目の出演となる二階堂ふみによる、豪華列車を舞台に繰り広げられるスクリューボールコメディー。今回は、バンド・インナージャーニーのドラマー、俳優、ファッションモデルとして活躍し、本作で綿小路家の庭師見習い真鍋リョウスケを演じる櫻井海音に、舞台初出演や俳優活動への思いなどを聞いた。
-初舞台を迎えての現在の心境は?
 いまだに舞台に立つということに対して実感がないというのが本音です。もちろんどうなるかという不安もありますし、それと同時に絶対に面白くなるだろうという期待感もすごく強いです。舞台に出ることで、新たな自分の芝居の幅を広げられると感じているので楽しみです。
-舞台への出演を決めた理由は?
 1年ぐらい前にお話を頂き、最初はやっぱり不安が大きかったです。だけど、事務所の先輩の二階堂ふみさんが、真鍋役に僕を薦めてくれたと話を聞き、そうやって先輩に薦めていただけたという期待に応えたいという思いと、長く続いているシリーズで、舞台の第一歩を踏み出せるというチャンスを逃さずに何とかものにしたいということで出演を決めさせていただきました。
-本シリーズの印象は?
 二階堂さんが出演されていた第4弾の「鎌塚氏、腹におさめる」をDVDで見させていただいたんですけど、コメディーとしての面白さが強く、皆さんが本気で芝居をしていることによって、この作品は面白くて、届く作品だなと思いました。今までコメディー調の作品に出演したことがあまりなかったですし、役的にもそういうのはなかったので、生でお客さんが笑っていただけるように頑張りたいです。
-三宅さん演じる鎌塚や、二階堂さん演じるチタルの印象は?
 鎌塚はシンプルですけど、見ていて本当に面白いです。チタルは、一見お嬢さま特有の強さがあるけれど、内面はちょっと乙女で弱いところがあるという印象です。三宅さんとはビジュアル撮影でごあいさつさせていただきました。そのときに、三宅さんが「グループ魂」のドラマーということで、ドラムの話もしました。そういう共通の話題があるだけで、これからもコミュニケーションが取りやすくなりそうです。
-作・演出の倉持裕さんとは、会ったときにどのような話をしましたか。
 初舞台に対する話をさせていただきました。映像と舞台の違いについては、どちらでも演じるという点で根本的に変わらないという話をしていただいて、そこは少し不安要素が解けた感じはしました。倉持さんとは、コミュニケーションを取る一環で、お話をさせていただいたんですけど、そういうことを積極的にしてくださる方で、コミュニケーションを取りながら、いろんなことをやっていけそうな印象を受けました。
-俳優を目指そうと思ったきっかけは?
 目指そうと思って始めたわけではなかったんです。コロナ禍の中でバンドのライブ活動ができなくて、それがすごくもどかしくて、個人の仕事を始めようと思ったときに、ちょうどいろんなお仕事を頂けるチャンスがあり、チャレンジしてみたらすごく面白かったんです。志したというよりは、そういう流れの中で、これもやってみたいとやっていくうちに、その面白さや魅力を知っていったという感じです。
-俳優活動をサポートしてくれた人や、アドバイスをくれた人はいましたか。
 演技の勉強としてお芝居のレッスンを受けるときに、先生にはすごく相談していました。その先生がいたから、今こうやって楽しくできているんだろうなと感じているので、先生がいなかったら結構大変だったかもしれないです。
-本格的に役者の活動がスタートして、プレッシャーを感じることはありましたか。
 初めてやることに対して、プレッシャーや、緊張みたいなものは一生感じると思うんです。だけど、やるしかないという気持ちです。やらないと楽しくならないし、やって楽しくなったら、緊張というのは自然に解けてくるものなので、最初はどれだけ緊張や不安があっても、その現場に行ったら、もう後はやるだけと考え過ぎないようにしているのかもしれないです。
-今はプレッシャーよりも楽しさを感じますか。
 それは徐々にですけど、たぶん人って、面白いと成長するし、成長しているときが面白いと思うんです。去年ぐらいから、そんなふうに心境が変わり始めました。それは、最初に芝居をしてみて、これだけ自分にできないことがあるんだと打ちのめされてから、レッスンや経験を経て、少しずつ感じているのかなと思います。
-プライベートで“羽を伸ばす”ときはどんなことをしますか。
 最近は、友達と裸の付き合いというか、温泉に行きます。近場ですが、温泉に行くのが好きで、あとはサウナも好きです。それと友達とのドライブです。プライベートで気の許せる存在の友達と一緒にいると、子どものときの気持ちに戻れるというか、学生時代の友達なので、そういう友達と一緒にいるときが一番羽を伸ばしているかもしれないです。
-最後に、公演を楽しみにしている皆さんにメッセージをお願いいたします。
 初舞台で、右も左も分からない状況ですけど、豪華な方々と一緒に舞台に立たせていただけるということで僕もワクワクしていますし、見に来てくださる方も楽しみにしてくださっていると思います。こうやって成長できる機会を頂けてものすごくうれしいですし、いろんなものを打ち破って、必死に皆さんにしがみつきながら頑張っていきたいです。そういう過程を、ぜひ劇場で見ていただきたいですし、面白い作品になっていると思います。見に来ていただいて絶対に損はないので、ぜひ楽しみにしていただけたらと思います。
(取材・文・写真/櫻井宏充)

アーティスト

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着