“志村”高橋一生(左)と“キリコ”柴咲コウ (C)TBS

“志村”高橋一生(左)と“キリコ”柴咲コウ (C)TBS

「インビジブル」“キリヒト”永山絢
斗の登場に「びっくり」 「何らかの
闇を抱えている姉弟なのか」

 高橋一生が主演するドラマ「インビジブル」(TBS系)の第5話が、13日に放送された。
 本作は、事件解決のためなら、どんな手でも使う警部補・志村貴文(高橋)と、「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターとして悪を熟知するキリコ(柴咲コウ)が異色のバディを組む物語。(※以下、ネタバレあり)
 3年前の殺人事件にキリコは本当に関与しているのか…。志村は、安野(平埜生成)の殺害を「インビジブルに頼まれた」と証言した武入(鈴之助)に接触し、ある確信を得るが、検察への護送中に武入は何者かに連れ去られる。
 一方、捜査一課課長の犬飼(原田泰造)は、上層部からインビジブルを切るよう指示されていた。ところが、当のキリコも民宿から行方をくらましてしまう。やはりキリコと武入はつながっているのか。2人への緊急配備が敷かれる。
 志村は、ハッカーのラビアンローズ(DAIGO)から、重罪犯を逃がして多額の報酬を得る「逃がし屋」の存在を聞き、武入を連れ去った逃がし屋に接近。すると、新たに闇に隠れたインビジブルの影が見えてくる。
 放送終了後、SNS上には、「柴咲コウの表情が秀逸でカッコ良かった」「酒匂芳さんが尊い。高橋さんとの絡みをもっと見たい」といった感想が投稿された。
 また、ラストシーンでは、キリコの弟・キリヒト(永山絢斗)が登場。キリヒトは志村に「僕が本当のインビジブルですよ」と告げる。
 これについて、「インジブルはキリコだと思って見てきたから、びっくり」「本当は弟がインビジブルという設定が面白い。何らかの闇を抱えている姉弟なのか」「本物のインビジブルがいたとは衝撃…。しかも弟とは。次回が楽しみ」などの反響が集まった。

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着