L→R Sui(Vo)、Ren(Key)

L→R Sui(Vo)、Ren(Key)

【SUIREN インタビュー】
僕らにとってもこの曲は“黎明”…
始まりであり、夜明けである

2020年の結成以来、配信でのリリースを重ね、1stシングル「黎-ray-」が大人気アニメのオープニングテーマに抜擢されるという快挙を成し遂げたSUIREN。“水彩画のように淡く儚い音”と評されるサウンドの美しさに、戦乱の世とシンクロする重厚感が融合したナンバーは、一瞬で燃え尽きる命の煌めきを写し取ったかのようだ。『キングダム』という熱き作品に対する彼らの想いもまた、凄まじくアツい。

アツさ命の儚さが美しさにつながる、
そこをうまく表現したかった

1stシングルがTVアニメ『キングダム』の第4シリーズ・オープニングテーマに抜擢されたということですが、どういった経緯で担当されることになったんでしょう?

Sui
偶然『キングダム』のコンペに参加するチャンスがあったんです。
Ren
僕が原作の大ファンで、もう『キングダム』は人生におけるバイブルのひとつなんですよね。とにかく話がアツいんですよ! ピンチがあってクライマックスで助けに来るっていう、そういうシーンに僕はグッときちゃうんです。
Sui
SUIREN結成当初にどんな作品のタイアップをやりたいかっていう話をした時も、最初に出ていたのが『キングダム』だったもんね(笑)。Renくんの家にコミックスが全巻あったので、僕も制作の合間とかに読んでいたら、どんどん好きになっていって。そしたら偶然、“コンペがある”と聞いたから…
Ren
これは挑戦せずにはいられない!と。だから、「黎-ray-」は僕の中で“『キングダム』専用曲”って言っているんです。

しかし、『キングダム』は春秋戦国時代の中国を舞台に、激しい戦いが繰り広げられる作品なのに、美しさの際立つ楽曲じゃありません?

Ren
さっきSuiが“ダメ元”って言いましたけど、今は作品をリアルタイムで一番理解しているのが自分だという自負もあったので、僕はオープニングに決まるイメージがあったんですね。そうなれば僕らにとってものすごく大事な曲になるだろうから、SUIRENらしさと『キングダム』という作品のイメージをうまくクロスさせたかったんです。
Sui
つまり、今おっしゃっていただいた“美しさ”というのは狙ったものではなく、もともとからある“SUIRENらしさ”の部分なんだと思います。SUIRENの中では実は厳つい曲なんです。

アーティスト資料に“水彩画のように淡く儚い音を描くユニット”というキャッチフレーズがありましたが、その特色が“美しさ”として表れていると。

Ren
そうですね。ただ、やっぱり『キングダム』が描く物語は、重みがあるんですね。生死を懸けて、命のやりとりをしているわけですから。それをサウンドに落とし込むとなると、やっぱりライトなサウンドではなく、どっしりとした重厚感のあるものにしたくて。なので、僕らはピアノとヴォーカルのユニットだけど、この曲に関してはギターに重厚感を担ってもらい、その上でピアノやストリングスで儚さを味つけるという方向でいきました。『キングダム』にはアツさと同時に命の儚さもあって、そういう面が、美しさにつながっていくと僕は思っているんですね。とにかく、そこをうまく表現したかったんです。

ベースのうねりやAメロのリズム感にも重厚感がありますもんね。歌詞にも《五百年の闇》など、『キングダム』の世界観を彷彿させるワードがありますが、同時にSUIRENらしさも意識されたんでしょうか?

Sui
そこはまったく意識していないですね。僕は何かの作品のために歌詞を書くというのが初めてなんです。なので、そういう下心は入れないほうがいいのかなと。それに、サウンドを聴いた時に絵が明確に見えたんですね。僕は『キングダム』でも第4シリーズに当たる部分が一番好きで、その中のとあるシーンの台詞から情景からがブワーッ!と頭の中に浮かんだんですよ。だから、それをそのまま歌詞にしてコンペに出したら、制作サイドからも好反応だったので、“じゃあ、もうこのままいこう!”と。だから、歌詞も完全に『キングダム』専用詞って感じです。
Ren
どのシーンを書いたのか、僕は歌詞を見てすぐに分かりましたね。
Sui
原作を読んでくださっている方なら、絶対に分かると思います。『キングダム』という作品全体の中でも特に重要なシーンで、そもそも何のために戦っているのかという部分にフォーカスを当てているんですよ。戦う覚悟というか、この戦争をしている理由の僕らなりの解釈を歌っているので。だから、原作を知っている方はそのシーンを思い浮かべて聴いてもらえれば感動できるだろうし、アニメしか観ていない方もそこに辿り着いた時に“あっ、ここだったんだ!”と感じてもらえたら嬉しいですね。なぜ光をテーマにした歌詞になっているのかも、そこで分かると思います。

光がテーマだから光線を意味する“ray”がタイトルに入っているんですね。

Sui
そうです。ちなみに“黎”の字のほうは“黎明”からきていて、ここにだけSUIRENとしての裏テーマがあるんですよ。僕らにとっても、この曲は“黎明”…始まりであり、夜明けであるっていう。字面もカッコ良いですしね(笑)。
Ren
大々的に“この曲でメジャーデビューです!”みたいなことは謳っていないんですけど、僕ら今まで配信ばかりで、CDを作るのは初めてなんですね。それこそレーベルさん、事務所さんという、一緒にやっていくチームメイトが増えての第一弾なので、新しいスタートというのは間違いない。
Sui
結成から2年間、ずっとふたりでやってきて、それこそMVやアートワークを依頼するための連絡から、全部ふたりで分担してきたんです。そこでいいものを作れている自信はあったんですけど、それを世の中に広めていくことの難しさも感じ始めていて。どんなにいいものだとしても置いておくだけでは拾ってもらえないんですよね。チームが大きくなったことで、その点も今後はだいぶ変わっていきそうな予感はしています。今回、人気アニメのオープニングをやらせていただいたことも、たくさんの人に聴いてもらえるきっかけになるでしょうし。

しかも、個人的にも思い入れの深い作品との念願のタイアップということで、選ばれたと知った時の喜びは大きかったのでは?

Sui
すごかったです! お店でラーメンを食べていたら、 “おめでとうございます。決まりました”ってメールが届いて。もうね、味がしなくなりました。喜びって行くところまで行くと全ての感覚を失うんだなって(笑)。
Ren
僕もめちゃくちゃ嬉しかったんですけど、さっきも言ったように“俺らの曲に決まんなかったら、代わりにどんな曲がくるの?”くらいに思っていた節があったんで(笑)、ある種“やっぱりな”という感じもありました。

“『キングダム』に対する愛において俺に勝る奴はいない!”という自信もあったんでしょうね。

Sui
コンペの話を聞く前から、ずっと言っていたもんね。“絶対に最高のオープニングやエンディングを作るから俺にやらせろ!”って。
Ren
それは言ってた(笑)。実際、アニメで使われている頭の90秒を入口として、「黎-ray-」という作品全体に『キングダム』への愛を盛り込んでいるんです。フルコーラスの2番以降もそうだし、MVもそう。トータルで『キングダム』がなければ絶対に生まれなかった作品になっているので、『キングダム』を好きな方には特に聴いてほしいです。

闇の中に差し込む光がタイトルを象徴するようなMVも『キングダム』からのインスパイアなんでしょうか?

Sui
そうですね。主人公はアツくて明るいキャラクターですけど、実際は500年続いている戦争の話なんで、いわば暗闇の中で突き抜けるひと筋の強烈な光みたいなものなんです。そういう意味でも『キングダム』の世界を表していると思うし。あとは、YouTubeのサムネイル画像に出ている文字にも注目してほしいですね。分かる人には分かりますから。
Ren
偶然にもMVの監督まで『キングダム』の大ファンだったんですよ! 最初の打ち合わせからバイブスがすごくて、“僕にやらしてください!”っていう勢いだったから、それもすごくラッキーでした。
L→R Sui(Vo)、Ren(Key)
シングル「黎-ray-」【CD+Blu-ray】
シングル「黎-ray-」【CD】
TVアニメ『キングダム』(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」