「Roseliaの集大成であり、ここがス
タート」ミニAlbum『ROZEN HORIZON』
発売記念 Elements Garden・上松範
康×湊 友希那役・相羽あいな対談

ブシロードが手がけるメディアミックスプロジェクト『BanG Dream!』よりRoseliaのニューミニAlbum『ROZEN HORIZON』が2022年5月18日に発売となった。SPICEでは2週に渡って同Albumをピックアップ! 前編では5名のメンバー全員による座談会をお楽しみ頂いたが、後編となる今回では、表題曲を手がけるElements Gardenの上松範康氏と、ボーカルの湊友希那役の相羽あいなによるクロストークをお届け。2人のRoseliaに対する愛がこれでもかと溢れるインタビューはファン必見だ。

「『THE HISTORIC...』でもう一度原点へ」
――今回はミニAlbum『ROZEN HORIZON』の発売記念記事の後編ということで、前編に引き続きRoseliaから相羽さんと、Elements Gardenより上松さんにお集まり頂きました。前編の座談会を踏まえて、相羽さんから上松さんに色々と伺ってみたいことがあるとのことで、せっかくの機会ですし、ビシバシとご質問して頂けたらと思います!
上松:お手柔らかにお願いしますね(笑)。
相羽:上松さ~ん! お久しぶりです。こうやって対談みたいなちゃんとした形で楽曲について話すのって、多分初めてですよね? この際にお聞きしたいことたくさんあるので、今日はよろしくお願いします!
――まずは軽く流れのおさらいなのですが、今回のAlbumには上松さんは「ROZEN HORIZON」と「THE HISTORIC...」にてご参加されていますよね。それぞれどんなイメージを持って制作されたのかを先にお伺いしたいです。
上松:まず「THE HISTORIC...」ですが、こちらは作曲のみで作詞を織田あすかにお願いしました。「ROZEN HORIZON」は作詞作曲ともに自分が担当ですね。前者は“原点回帰”というオーダーを頂いてたので、Roseliaの原点=1st Single「BLACK SHOUT」の進化系みたいなイメージで作り進めました。
相羽:この曲は「Are you ready? We are ready」のフレーズが強烈に頭に残りますよね。
――確かに、あのコーラス部分なんかはかなりオマージュを感じますね。
上松:単なる原点回帰じゃなくて、日高(勇輝)みたいな若い子に編曲をお願いすることで目新しさも出しつつ、進化だからと言って複雑にはしたくなくて、シンプルにメッセージを届けたいなというのが念頭にありましたね。
相羽:私的にすごく気になったのが、この曲もそうなんですけど「ROZEN HORIZON」の方にも歌詞に「滾る」って言葉が共通して登場するんですよ。これって何か意図があったりするのかなと……。
上松:あれ、本当に(笑)? 全然、意図してなかったけど、「ROZEN HORIZON」の方が先に出来てたから、もしかしたら作詞の織田があえて当てにいってるのかもしれない(笑)。お互いに同じElements Gardenというチームであり、ライバルというバチバチの関係でやってるからね。そこがウチの良さだと思ってますけど!
相羽:なんだろう、もちろん私はキャストとして湊友希那を演じてるんですけど、実際に曲を書いているのは上松さんだったり、織田さんだったりする訳じゃないですか。私から見てもちゃんと“友希那”なんですよ。友希那だったら歌詞に絶対にこういう言葉を使うよな~!っていうのがすごい共感できて、もちろんRoseliaの曲は友希那が書いているので、歌うときは「私が書きました」みたいな顔して歌ってますけど、そういう意味では上松さんや織田さんも実質、友希那なんですよね(笑)。
上松:それはもちろん!自分にちゃんと湊友希那を降ろして、友希那のつもりで書いてますから。でもそうやって言ってもらえると間違ってなかったんだなって安心しますね(笑)。
相羽あいな
「ライブを見て、お客さんの反応を見て確信した。」
――続いて「ROZEN HORIZON」なのですが、なんでも「FIRE BIRD」を制作された時には、既にこの曲の構想があったという話が前回の座談会でも軽く話題になりました。こちらは具体的にどんなイメージをいつ頃から持たれていたのでしょうか?
上松:Roseliaに関しては、あまり作詞をすることはないですけど、先ほども話に出た1st Singleの「BLACK SHOUT」から……、もっと言えばその更に前の、みんなが楽器を持って集まったばかりの本当に初期の頃から携わってきているので、一度、Roseliaに対して自分が持っているモノを全部ぶつけたい!という事で作詞も作曲もやらせてもらったのが「FIRE BIRD」だったんです。
相羽:実はバンドリ!全体を見てもそんなに作詞されていないんですよね。結構、意外というか……。
上松:そうなんです。Poppin'Partyの「1000回潤んだ空」とRoseliaの「FIRE BIRD」と今回の曲くらいなんじゃないかな?それで、なんとなく予感はあったというか「FIRE BIRD」の歌詞を、Roseliaというバンドがこれから羽ばたいていくイメージで書き進めていく中で、なんとなく「どこへ向かっているのかを次に描きたいな」って思ったんですよ。
相羽:なるほど、そのアイデアが具体的なものになっていったのはいつ頃なんですか?
上松:それはやっぱりライブを見てからかな。それこそコニファーフォレストでお客さんの反応とかを見て確信したんだよね。そろそろ、次に向かうべき場所が見えたというか。
――相羽さんらキャストの皆さんも、ライブを通して課題点や次の目標が見えてくるのかな?と思うんですけど、それに近しい感覚なんでしょうか?
上松:そうですね。自分自身がバンドの未来とか方向性を決めているわけじゃ全然無くて、ステージの上で頑張ってるRoseliaや、それを受けとるお客さんたちが、Roseliaのこれからあるべき姿を見せてくれてるので、Roseliaを作り上げているのは相羽さんたちであり、ファンの皆さんだと自分は思っています。
「Roseliaが5年間の活動の中で見つけた答え」
相羽:私、個人的に「ROZEN HORIZON」で更に熱い、エモいなーと思ったのがラストで。あそこに「FIRE BIRD」を思い出させる「Lalalala」が入っていてとても感動しました!
上松:あの部分なんかはまさにライブでの盛り上がりを、現地で肌で感じて、絶対に「FIRE BIRD」のメロを活かそうって思ったんだよね。でもこれは完全に裏話だけど、最初はやりすぎかなって思ったの(笑)。ただでさえてんこ盛りな曲だから、そこまでやる必要もないかなって思ってたんだけど、ブシロードミュージックのプロデューサーさんが「いや、とことん行きましょう!」と言ってくれたおかげなんだよね。
相羽:えぇー!それは凄いです!プロデューサー、ナイスです(笑)。本当にメロディでも「FIRE BIRD」から繋がってるなって感じますし、あとは歌詞の「泣きじゃくった夜」の答えも……。
上松:おっ!そうなんだよ~!嬉しい嬉しい(笑)。
相羽:やっぱりそうですよね!「FIRE BIRD」では答えがまだ見つかってないんですよ。そこが今回、分かるんだ~と思って。
上松:そうなんだよね。やっぱり全部を答え合わせしちゃう歌詞というのは違う気がしていて、Roseliaはまだまだここからも大きく羽ばたいていくんだと信じているけど、Roseliaとして活動してきた5年間の中で見つけた答えというのも絶対にあるはずで、まず1つがコレ。だけど、これから先の未来で見えてくる景色もまだまだあると思っていて……、相羽さんがそこに気付いてくれるのは嬉しいな~(笑)。
上松範康

上松範康×相羽あいな
「“相羽あいな”に自信が持てた曲」

相羽:私、「FIRE BIRD」で初めて自分に自信が持てたんです。歌が上手な人がたくさんいる中で、自分の武器みたいなモノがわからなくて。そんな時に上松さんがこの曲を書いてくださって「相羽さんにはこれがあるじゃん」って、まるで背中を押してくれたような感覚だったんです。
上松:いつも曲を作る時に心がけているのは“ちょっと課題が残る”ようにしているんだよね。曲が出来たばかりのタイミングでは壁があるかもしれないけど、そこから練習してレコーディングに臨んだり、ライブでお披露目したりでその壁を乗り越えられた先に感動って生まれると思っているから、少しだけ難易度は高くしたりもする。相羽さんのように地声でFとかF#のハイトーンを出せるっていう方は、この業界でもなかなか居ないから。まるでトランペットみたいにドーンとインパクトのあるロングトーンで勝負したいなって思ったんです。
相羽:いや~、本当に大感謝ですし。本当にRoseliaの父みたいな……(笑)。メンバーもみんな言ってます(笑)。まだまだ「ROZEN HORIZON」で語りたい部分がありまして!曲の途中で「折れかけた片翼」って出てくるじゃないですか。このフレーズもスゴく好きで……。
上松:これは作詞するときのコツみたいな話なんだけど、Aメロって本音を語らせやすいんだよね。サビはみんなで盛り上がれるように、あえて抽象的な歌詞にすることもあるんだけど、より具体的な事となるとAメロってわかりやすく書ける場所なんです。2Aの「折れかけた片翼~」もそうだし、1Aの「現実と思えない嵐の中を~」というのは、もちろんRoseliaの事もそうなんだけど、今の世の中の不安に対してとも取れると思うんです。絶対にメンバーのみんなもファンのみんなもライブをやりたいんだろうけど、どうしようもない大きな困難があって、その中でも立ち上がっていくんだ!っていう姿をどうしても表現したかったんですよね。
相羽:あと歌詞でいうと「Roselia」っていう単語も初めて入ったじゃないですか!これもスゴくテンションが上がりました!
上松:「Roselia」って名前を気に入ってて。名は体を表すじゃないけど、華やかさもあって、気高く咲くって感じもあるので、ここで使ったらやっぱりグッとくると思ったんだよね。ここまで積み上げてきたものがあるからこそグッとくるわけなんだけど、集大成であり、ここが始まりにしたかったから、自分たち自身の名前を歌詞に入れるというのはピッタリなんじゃないかなと。
相羽:サビ頭だし、なんだか私たちにも改めて「その名前に見合ったパフォーマンス出来てるの?」って覚悟を問われてるような気持ちにもなって、背筋がピンと伸びました。
上松:ここに関してはメロディが先で、でも絶対に当て込もうとしていたわけじゃ無くてホント偶然かな。そうやって思えてもらえるフレーズになったなら良かったです(笑)
「『ROZEN HORIZON』のその先へ-。」
――続いてですが、ここまで5年間駆け抜けてきたRoseliaですけど、今後の話題に触れたいなと思います。先ほどあったように、また次のライブがあって見えてくる部分もあるかとは思いますが、単純に「こんな曲やってみたい!」みたいな話でもいいのかもしれませんし……。
上松:それで言うと、実はひとつやってみたいことがありまして。相羽さんやRoseliaのメンバー発信で「こういう曲やってみたいんですけど!」っていう曲がそろそろあっても良いのかな~って思ってるんですよね。
相羽:うーん、悩んじゃいますね(笑)。でもライブで盛り上がる曲っていうとやっぱり「FIRE BIRD」があって、今回その先の「ROZEN HORIZON」があって、そのさらに先となると、一体どうなっちゃうの?!って感じですよね(笑)。
上松:いやそりゃもう「ROZEN HORIZON」超えるしかないでしょ(笑)。
相羽:でも一方で、ありがたいことにRoseliaは結構バラードみたいなクールな曲もそれはそれで人気だったりもするので、Roseliaのアツい部分とクールな部分が合体した曲とか……欲張りすぎですかね?(笑)。
上松:いやいや、でもアイデアとしてはスゴく良いと思いました。この先、三部作みたいな感じに落としちゃっても良いかもしれないしね。個人的にすごく思っているのがRoseliaってこの先、何か大きな壁にぶつかるんじゃないかって気がしていて。その辺りはゲームのシナリオとかが関係してくる部分なのでどうなるかは全然分からないけど、何か大きな波乱はあるような予感がしているんだよね。
相羽:でもなんか分かる気がします。今はプロデビューして、ミニAlbumも出して順調にいっていますが、この先どんなことが待っているのだろうって。この先大きな出来事があった時。その壁にぶち当たって本当の意味でボロボロになった友希那を、自分がどう歌うんだろうって考えたら……未知かもしれないし、歌ってみたいかもとは思いますね。
上松:彼女がそんな状況に陥ったとしたら、壊れちゃうような気がするんだよね。そんな彼女は見たくないけど、作曲家としてそんな友希那の狂気みたいな部分を描くとしたらどうなるんだろう?って気になる部分もあるかな。
相羽あいな
「Roseliaは“スゴイ”」
――Roseliaの今後について伺いましたが、逆に初期からRoseliaを知る上松さんにだからこそお聞きしたいんですけど、Roseliaのこの5年間の歩みというのは改めて振り返ってどう感じていますか?
上松:いや~、スゴイでしょ(笑)。もう当初に比べてものすごい成長を遂げてるなと思うし、だからこそこの右肩上がりのスピードを落としちゃいけないなとも思います。
相羽:上松さんかなりオブラートに包んで言って下さってますけど、最初はホントに愕然としたと思いますよ(笑)。さっきも話に出ましたけど、最初の音合わせの時から立ち会って頂いてるので、その時とか……もうヒドかったので(笑)。
上松:いや、ビックリしたよ!今だからこそ笑って言えるけどね(笑)。「うーん、持ってるものはあるけど、いやはや~……」って感じで、ホント手探りだったよね(笑)。
相羽:そんな状況なのに、ゲームでは“本格派バンド”みたいなめちゃくちゃ上手い設定になってるから(笑)。でもそのおかげで皆、死ぬ気で練習したと思うな。
上松:決して、順調ではないよね(笑)。
一同:(笑)
上松:色々あったけど、けど結局乗り越えて来てるわけで。そういう諸々を含めた“スゴイ”なんですよ(笑)。
相羽:その甲斐あってか、結束力は強いと思います。みんなが居なかったら絶対ここまでやって来られなかったと思います。
上松:確かに、結束力すごいよね。ちゃんと焼肉行ってる? みんなで焼肉行くの好きじゃん。あれ続けた方がいいよ(笑)。
相羽:行ってます(笑)! 焼肉がないとダメですね。
「上松さん、実写デビュー?!」
――ここまでたっぷりと語り合って頂きましたが、最後におふたりからひと言ずつ何か頂けたら。何か思い残した事などありませんか?
上松:そうだな~。実は今回の「ROZEN HORIZON」は、自分的には映像ありきで作ってて、「曲のこの部分では1人ずつこう歌って~」とか、そういう想像を働かせながら制作していたので、MVが結構お気に入りなんです。皆さんにもぜひたくさん見て頂きたいですね。今のRoseliaを作っているのはファンの皆様の力だと思うので、これからも応援して頂いて、それを受けて曲にするのが自分の仕事なので、これからも一緒にRoseliaを作っていきましょう。
相羽:私も上松さんの話を聞いて、ちょっと思ったことがあるんですけど、ぜひ上松さんにも“キャラくず(※)”に出てもらいたいなって思って(笑)。
――上松さん、実写デビューですか?!(笑)
相羽:どんな役柄での登場になるかは分からないですけど、支配人みたいなのがいいのかな?(笑)。
上松:えぇ~!自分も出るの?!(笑)。
相羽:でも、重ねてになりますけど、ホントに“Roseliaの父”ってくらい初期の頃から携わっていただいて、今あるRoseliaを形作ってくださると思うので、ぜひ出てもらいたいな~なんて(笑)。真面目な話をすると、最初にも話しましたけど、上松さんとこうしてちゃんと曲について話をするのが初めてだったので、本当に私としても貴重な時間でしたし、これを皆さんにもお届けできてとても嬉しかったです。私も皆さんもかなり理解が深まったと思いますので、これを踏まえてまたAlbumを楽しんでいただけたらと思います!
(※)RoseliaのCD特典やライブの幕間映像で放映された「キャラ設定をくずしちゃいけない!!~」シリーズのこと。メンバーがそれぞれのキャラクターを演じながらミッションをこなす。
Roselia
取材・文:前田勇介

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着