明日の「武田鉄矢の昭和は輝いていた
」は橋幸夫特集パート2、ヒット曲の
戦略と今後の挑戦に迫る

5月20日(金)20時00分からBSテレビ東京にて放送される「武田鉄矢の昭和は輝いていた」に、橋幸夫、音楽プロデューサーの谷田郷士が出演する。

昭和35年、「潮来笠(いたこがさ)」で鮮烈なデビューを飾った橋幸夫。その活躍は歌手だけに留まらず、「元祖御三家」として、アイドル的な人気も博し、数々の映画や舞台に出演し、第一線を駆け抜けて来た。そんな橋幸夫の激動の半生を名曲や貴重映像とともに2週にわたって振り返るスペシャル企画。スタジオゲストには橋幸夫本人が登場。

2週目は、前回紹介し切れなかったヒット曲の数々を紹介。日本レコード大賞を受賞した「霧氷」、その裏にあった衝撃の事実。そして、「子連れ狼」をヒットさせた吉田正の秘策とは!? さらに、橋が語る、昭和の歌姫・美空ひばりの素顔も。デビューから62年、歌手引退を決意した橋幸夫は何を語るのか。
■紹介楽曲
「恋をするなら」橋幸夫
「ゼッケンNo.1スタートだ」橋幸夫
「CHE CHE CHE チェッチェッチェッ」橋幸夫
「恋のインターチェンジ」橋幸夫
「あの娘と僕(スイム・スイム・スイム)」橋幸夫
「恋のメキシカン・ロック」橋幸夫
「雨の中の二人」橋幸夫
「霧氷」橋幸夫
「子連れ狼」橋幸夫
「花の喧嘩旅」橋幸夫
「今夜は離さない」橋幸夫 安倍里葎子
「面影 渡り鳥」橋幸夫
「歌」橋幸夫

「激動の時代」と言われた「昭和」は、日本人が振り返りたくなる魅力にあふれています。 この番組では、昭和を象徴する「人」「モノ」「できごと」から、毎回ひとつのテーマをピックアップ。当時の映像・写真を盛り込み、「昭和」の魅力を再発掘していきます!

「武田鉄矢の昭和は輝いていた」

日時:5月20日(金)20:00〜20:54
放送:BSテレビ東京
司会:武田鉄矢 / 繁田美貴(テレビ東京アナウンサー)
ナレーター:城ヶ崎祐子
ゲスト:橋幸夫 / 谷田郷士(音楽プロデューサー)

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着