(左から)藤原季節、成田凌、伊藤沙莉、前田敦子 (C)エンタメOVO

(左から)藤原季節、成田凌、伊藤沙莉、前田敦子 (C)エンタメOVO

伊藤沙莉「辞めた方がいいのかなと思
ったことはある」 俳優を続けるかを
悩んだ過去を告白

 Huluオリジナル「あなたに聴かせたい歌があるんだ」配信スタート記念イベントが19日、東京都内で行われ、出演者の成田凌、伊藤沙莉、藤原季節、上杉柊平、前田敦子、田中麗奈と萩原健太郎監督が登壇した。
 本作は、17歳と27歳という年齢に、人生の分岐点を迎えた者たちが抱く夢と葛藤を描いた群像劇。
 劇中で、アイドルを夢見て上京するが、うまくいかない前田ゆかを演じた伊藤は子役から活動している。
 「夢を道半ばでやめようと思ったことは?」と聞かれると、「自らそれはないけど、辞めた方がいいのかなと思ったことはあります」と告白。
 「自分の中でステップアップしていけるのか、保証がなさ過ぎるから、続けていていいのかなって。でも結局、好きが勝つから辞めるには至らなかったです」と当時を振り返った。
 一方、俳優の道を諦めてサラリーマンになった荻野智史を演じた成田は「これまでの人生で最も後悔していること」を尋ねられた。
 「何回も思い出すのが、中学のときのサッカーの試合。ゴールの前で、あのときスライディングしていれば点を決められたのに…という状況があって。(当時は)痛いことは嫌だなと思っていたのですが、あのとき、点を決めていたらもっと痛いこととも闘える人間になっていたのかなって」と振り返った。
 人気アイドル・八木今日子と、その物まね芸人・島田まさみの二役を演じた前田は、同じ質問に、「中学と高校をもっとちゃんと楽しめばよかったなって」と回答。
 当時、AKB48のメンバーとして活動していたが、「中学のときは、忙しいふりをしていました。どうにか行かなくてもいいように、『ダンスレッスンです』とか。でも、卒業式のときに(校歌の)歌詞が全然分からなかった。皆すごく泣きながら歌っているのに、それに全く入れない自分がいて、私もったいないことしたなって思いました」と明かした。
 ドラマは5月20日、Huluで全8話を一挙独占配信。

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着