荒牧慶彦が鬼太郎を演じる、舞台『ゲ
ゲゲの鬼太郎』 目玉おやじ役で野沢
雅子が声の出演、新ビジュアル&配役
も発表

2022年7月・8月に東京・明治座と大阪・梅田芸術劇場にて上演される、舞台『ゲゲゲの鬼太郎』。この度、新たなビジュアル、配役、そして声の出演で野沢雅子が決定した。
1965年の週刊少年マガジンの連載にはじまり、漫画、アニメ、映画、小説、ドラマ、
ゲームなど、半世紀以上にわたり多くの人に愛され続けている「ゲゲゲの鬼太郎」。登場する妖怪たちの多くは日本古来より伝承された存在で、作者である水木しげるが新たな解釈やデザインのアレンジを加えたことで妖怪そのものが広く周知されるようになり、日本の妖怪伝承において大きな影響を与えた作品とも言われている。
今回、水木しげる生誕100周年である2022年夏、舞台『ゲゲゲの鬼太郎』を上演する。
主人公であるゲゲゲの鬼太郎役には、舞台『刀剣乱舞』シリーズやMANKAI STAGE『A3!』など、数多くの舞台に出演する俳優の荒牧慶彦。ねこ娘役には、アニメ『中二病でも恋がしたい!」、『スター☆トゥインクルプリキュア」など人気アニメに出演する声優アーティストの上坂すみれ、ねずみ男役は、芸人のみならず歌手や俳優としてもマルチに活躍中の藤井隆が務める。
荒牧慶彦=ゲゲゲの鬼太郎 (C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
上坂すみれ=ねこ娘 (C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
藤井隆=ねずみ男 (C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
さらに俳優、声優、アーティストと活動の幅を広げる元宝塚歌劇団男役スターの七海ひろき、舞台『ハムレット』、『魔界転生』など、ドラマ・映画・CM と第一線で活躍する大女優・浅野ゆう子が出演。またミュージカル『刀剣乱舞』、『ブルーピリオド The Stage』など多数の話題作に出演している立花裕大、『大家さんと僕』で第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞し芸人、漫画家、俳優など多方面に活躍する矢部太郎(カラテカ)と多岐にわたるジャンルから個性豊かなキャストが集結した。
既に公開されている鬼太郎、ねこ娘、ねずみ男役以外のメインキャストの配役は、浅野ゆう子が砂かけばばあ、七海ひろきが天邪鬼-リン、立花裕大が村人・タケル、矢部太郎(カラテカ)が子泣きじじいを演じる。他にも舞台では様々な個性溢れる妖怪たちが登場予定だ。
浅野ゆう子=砂かけばばあ (C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
七海ひろき=天邪鬼-リン (C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
立花裕大=タケル (C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
矢部太郎(カラテカ)=子泣きじじい (C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
そして、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』で目玉おやじの声を務める野沢雅子の声の出演も決定。
野沢雅子=目玉おやじ(声の出演)
妖しくも愉快な世界観と、登場人物たちの細やかな心情の変化を鮮明に描く、舞台ならではの『ゲゲゲの鬼太郎』に期待しよう。
【あらすじ】
困ったことがあったら人間がゲゲゲの鬼太郎(荒牧慶彦)に手紙を投函できる妖怪ポスト。
最近依頼がなく不審に思ったねこ娘(上坂すみれ)が妖怪ポストを張り込んでいると…ねずみ男(藤井隆)が依頼を勝手に受けていた。
とある村で、天邪鬼のリン(七海ひろき)が現れ人間の邪魔をする、と聞いたねずみ男は、「これで天邪鬼を退治できる」と、村人たちに妖怪に効く薬を売りつける。鬼太郎と目玉おやじ(声:野沢雅子)は、人間が直接、天邪鬼と対峙するのは危険だと村へ駆けつけ、村人のタケル(立花裕大)と出会う。タケルは「石垣を壊すのは危険だ!」と村人に訴えるが、皆、効く耳を持たない。騒動の最中、仲裁に入ろうとした目玉おやじは瀕死の重傷を負ってしまう。瀕死となった目玉おやじは砂かけばばあ(浅野ゆう子)が待つゲゲゲの森に帰り、看病されることに…。
人間からは「妖怪」だと恐れられ妖怪からは「人間の味方」と敵視されるリンに、鬼太郎は親近感を覚えるが…。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着