熊川哲也 Kバレエ カンパニー『カル
メン』公開リハーサルレポート~鮮烈
な愛のドラマを4組が華麗に競演

熊川哲也Kバレエ カンパニー Spring 2022『カルメン』が2022年6月1日(水)~5日(日)Bunkamura オーチャードホールにて上演される。公演に先立ち5月18日(水)に報道陣に向けて公開リハーサルが行われた。主役のカルメン✕ドン・ホセを競演するダンサーたちが登場し、芸術監督の熊川哲也が見守る中、熱のこもった稽古を披露した。
■Kバレエ オリジナルの『カルメン』はドラマティックな人気作!
メリメ原作『カルメン』のバレエ化は少なくないが、熊川哲也版(全2幕4場)は、ビゼーのオペラに基づくドラマティックな愛の物語として定評がある。音楽もオペラを土台に井田勝大(Kバレエ カンパニーおよびシアター オーケストラ トーキョー音楽監督)が新たに編曲した。2014年に初演され、2015年、2019年にも上演されており、このたびで3年ぶり4回目の公演となる。
今回の公演では、4組のカルメン✕ホセが組まれた。浅川紫織✕髙橋裕哉、日髙世菜✕石橋奨也、小林美奈✕堀内將平、成田紗弥✕山本雅也である。
浅川紫織 (c)Ayumu Gombi
公開リハーサルでは、最初に第2幕第2場(闘牛場の場)でカルメンとホセが相まみえる場面が披露された。カルメンは闘牛士エスカミーリョらとともに闘牛場内へ入っていく。そこへ現れたホセ。カルメンに惹かれ、愛しすぎたあまり竜騎兵から犯罪者へ落ちぶれてしまったホセは、我を失いカルメンを場外へ引っ張り出す。カルメンの首に手をかけるホセ。彼を振り切って逃げるカルメン。愛憎の果てに待つものとは――。
最初に日髙✕石橋が登場。石橋のホセはカルメンを追う気迫が半端ではない。昨年、Kバレエ史上初のプリンシパル入団を果たし、以後スケールの大きな踊りを見せる日髙の存在感はやはり格別。大人の魅力あふれるコンビが望めそうだ。
日髙世菜×石橋奨也 (c)Ayumu Gombi
続いて成田✕山本が演じた。情動が高まって追いすがる山本のホセ。それを激しく拒む成田カルメンの表情・目線が手に取るように伝わってくる。今年3月の『ロミオとジュリエット』で純情なヒロインを真っすぐに演じた成田の新境地に期待しよう。
成田紗弥×山本雅也 (c)Ayumu Gombi
最後に小林✕堀内が演じた。ホセが追いすがり、カルメンが逃れるというドラマが切迫感をもって響いてくる。堀内はホセの「やってはいけないことをやってしまった」というような怖れおののくような震えを繊細に表していた。
小林美奈×堀内將平 (c)Ayumu Gombi
その後、第1幕第1場(煙草工場前の広場)でカルメンが踊る「ハバネラ」が披露された。カルメンは浅川だ。まさに自由奔放に振る舞い、男どもを払いのけ、睥睨する姿には艶やかにして胸すくようなカッコよさすらある。2018年に第一線を退いた浅川であるが、今年1月、熊川振付『クラリモンド~死霊の恋~』バーバラ役で健在を示した。長きにわたってKバレエの歴史を築き上げてきた名花にとって4年ぶりの全幕主演となるだけに注目が集まる。
浅川紫織 (c)Ayumu Gombi
■愛憎渦巻く人間ドラマを、4組4様に魅せる!
リハーサルを終え、熊川とダンサーたちが『カルメン』への思いを話した。
熊川は2001年の『ジゼル』以降古典全幕バレエの改訂を手がけ、それに続いて『ロミオとジュリエット』(2009年)、『シンデレラ』(2012年)を創った。そしてこの『カルメン』(2014年)を経て、『クレオパトラ』(2017年)、『マダム・バタフライ』(2019年)へと繋がっていく。熊川は「オリジナル作品を制作していく人間がたどり着くのはヒューマン・ドラマ」だと語る。『カルメン』のホセ役を持ち役としていたが、今回は「彼らには彼らの魅せ方を」と後進にエールを送り、ダンサーたちの「成長・変化」が見えるのではないかと期待する。
熊川哲也 (c)Ayumu Gombi
石橋は日髙との「空気感を大事にしたい」と話し、カルメンに対して抱く感情は「怒りが強い」と明かす。山本も「僕も怒りですね。なんで(気持ちが)伝わらないんだと」と話す。堀内は「真面目に生きてきた青年が捨てられ、傷ついているところから始まって、そのうち愛を伝えようとするんだけど、伝わらないことに混乱して……」と自身の解釈を話した。髙橋はカルメンを追い詰めるのは、「かなりダークな接し方の結果みたいな感じで」と分析する。
浅川紫織 (c)Ayumu Gombi
日髙は「オペラを基にしたバレエ作品なので、歌うように踊れれば」と抱負を語る、成田は「私のカルメンは、ホセにはあまり情がなくて……」と一夜限りの恋だと捉えている様子。小林はカルメン像を「自由奔放で、自分の意思のまま動いている。気持ちもストレートに伝えて生きてきた女性」だと述べた。浅川は「私はKバレエの『カルメン』が大好きです。初演以来8年ぶりに踊らせていただくので凄く光栄です、どういうカルメンになるのかは本番まで探りたい。劇場で確かめていただければ」と舞台に賭ける思いを口にした。
美しく激しく胸を揺さぶる人間ドラマにおいて、4組4様の演技を楽しみにしたい。
取材・文=高橋森彦

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着