COMPUMA、ソロ名義初のアルバム『A
View』リリース決定 内田直之による
ダブ・ミックスも収録

DJ/選曲、レコード・バイヤーとして活動してきたCOMPUMAがソロ名義初のアルバム『A View』を6月17日(金)に自身のレーベル〈SOMETHING ABOUT〉からCDリリースする。

今作は2021年秋、北九州の演劇グループ〈ブルーエゴナク〉からの依頼によって制作された演劇『眺め』のための楽曲を素材に、共同制作者のhacchi(Urban
Volcano Sounds / David Soul)と共に新たにアルバムとして作り直されたオリジナル楽曲9曲にダブ・ミックス2曲を加えた計11曲のオリジナル・アルバム。

収録される2曲のダブ・ミックスのひとつはシンガポールのレーベル〈Midnight Shift〉から5月末にリリースされる、DJ行松陽介キュレーションによるコンピ『Midnight is Comin’』への収録楽曲「Flowmotion(INDUB)」の自らによる新たな別ヴァージョン。そして、もう1曲は本作収録の演劇『眺め』のための楽曲「View 2」を、LITTLE TEMPOやOki Dub Ainu Band、さらにはGEZAN『狂(KLUE)』のミックスも話題になった内田直之によるダブ・ミックス。マスタリングには数々の作品を手がけている中村宗一郎(PEACE MUSIC)を起用している。

アートワークは世界的な画家で、国内ではMETA FIVE、TOWA TEIなどのジャケット・アートでも知られる五木田智央、そしてデザインは鈴木聖と、これまでのCOMPUMA作品を手がけてきたふたりによるデジパックCD(+ブックレット)としてリリースされる。

【森 俊二(222) コメント】

いつも独特な世界を観せてくれるCOMPUMA。曲の展開していく時間の流れや寄せてこない感じがたまらなくイイ。今作も素晴らしい!

【Kaoru Inoue コメント】

演劇の劇伴から派生したという本作、ミュージック・コンクレートのようでもあり、アヴァンな現代音楽家の作品のようでもあり、環境音楽的であり、またCOMPUMA持ち味のスペイシーさや間もあり、痛快。とにかく耳をそば立てたくなる。今までMix CDで聴いていたCOMPUMAの美意識が詰まっています。松永くん、出会ってから実は30年くらい経ってますね。ソロでの初の作品リリース、本当におめでとうございます
今後のご活動も楽しみにしております。

【LIL MOFO コメント】

COMPUMAの作品やDJがこれからもわたしの音楽のよろこびかたをふくらませ、人生にたくさんのきらめきを与えてくれることを確信し、胸がいっぱいになりました。


【リリース情報】

COMPUMA 『A View』

Release Date:2022.06.17 (Fri.)
Label:SOMETHING ABOUT
Cat.No.:SOMETHING ABOUT 005
Price:¥2,500 + Tax

■COMPUMA: Twitter(https://twitter.com/sonOFcompuma) / SoundCloud(https://soundcloud.com/compuma) / Blog(https://compuma.blogspot.com)
DJ/選曲、レコード・バイヤーとして活動してきたCOMPUMAがソロ名義初のアルバム『A View』を6月17日(金)に自身のレーベル〈SOMETHING ABOUT〉からCDリリースする。

今作は2021年秋、北九州の演劇グループ〈ブルーエゴナク〉からの依頼によって制作された演劇『眺め』のための楽曲を素材に、共同制作者のhacchi(Urban
Volcano Sounds / David Soul)と共に新たにアルバムとして作り直されたオリジナル楽曲9曲にダブ・ミックス2曲を加えた計11曲のオリジナル・アルバム。

収録される2曲のダブ・ミックスのひとつはシンガポールのレーベル〈Midnight Shift〉から5月末にリリースされる、DJ行松陽介キュレーションによるコンピ『Midnight is Comin’』への収録楽曲「Flowmotion(INDUB)」の自らによる新たな別ヴァージョン。そして、もう1曲は本作収録の演劇『眺め』のための楽曲「View 2」を、LITTLE TEMPOやOki Dub Ainu Band、さらにはGEZAN『狂(KLUE)』のミックスも話題になった内田直之によるダブ・ミックス。マスタリングには数々の作品を手がけている中村宗一郎(PEACE MUSIC)を起用している。

アートワークは世界的な画家で、国内ではMETA FIVE、TOWA TEIなどのジャケット・アートでも知られる五木田智央、そしてデザインは鈴木聖と、これまでのCOMPUMA作品を手がけてきたふたりによるデジパックCD(+ブックレット)としてリリースされる。

【森 俊二(222) コメント】

いつも独特な世界を観せてくれるCOMPUMA。曲の展開していく時間の流れや寄せてこない感じがたまらなくイイ。今作も素晴らしい!

【Kaoru Inoue コメント】

演劇の劇伴から派生したという本作、ミュージック・コンクレートのようでもあり、アヴァンな現代音楽家の作品のようでもあり、環境音楽的であり、またCOMPUMA持ち味のスペイシーさや間もあり、痛快。とにかく耳をそば立てたくなる。今までMix CDで聴いていたCOMPUMAの美意識が詰まっています。松永くん、出会ってから実は30年くらい経ってますね。ソロでの初の作品リリース、本当におめでとうございます
今後のご活動も楽しみにしております。

【LIL MOFO コメント】

COMPUMAの作品やDJがこれからもわたしの音楽のよろこびかたをふくらませ、人生にたくさんのきらめきを与えてくれることを確信し、胸がいっぱいになりました。


【リリース情報】

COMPUMA 『A View』

Release Date:2022.06.17 (Fri.)
Label:SOMETHING ABOUT
Cat.No.:SOMETHING ABOUT 005
Price:¥2,500 + Tax

■COMPUMA: Twitter(https://twitter.com/sonOFcompuma) / SoundCloud(https://soundcloud.com/compuma) / Blog(https://compuma.blogspot.com)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着