門松みゆき、第4弾シングル『彼岸花
咲いて』ヒット祈願。彼岸花に囲まれ
新曲を奉納

デビュー4年目を迎えた門松みゆきが、4枚目のニューシングル『彼岸花咲いて』を5月25日に発売するのに先がけて5月20日、東京・虎ノ門の金刀比羅宮で新曲ヒット祈願&歌の奉納を行った。

“平成最後の大型ルーキー”として2019年に「みちのく望郷歌」でデビューし、その年に同神社でヒット祈願。そのご利益もあってか、順調な活躍を見せながら前作シングル「花の命」はヒットチャートの上位にランクされ、2021年末の「日本作詩大賞」にもノミネートされた。そして今回は、原点に戻って、大きな飛躍と大ヒットを目指して同神社で再びヒット祈願をすることになったもの。

最初に本殿で、新曲を作詞した石原信一、作・編曲の蔦将包らも参列する中、真剣な面持ちでご祈祷。その後、境内の神楽殿に移動し、多くのファンや報道陣が詰めかける中、赤と白の彼岸花を神楽殿全体に飾ったステージで歌を奉納。
1曲目にデビュー曲「みちのく望郷歌」を披露してから新曲「彼岸花咲いて」のカップリング曲「さくらの唄」を初歌唱し、「この曲は、日本コロムビアの大先輩、美空ひばりさんのカバー曲ですが、今回は新たに門松みゆきバージョンとしてアコースティックなアレンジで歌わせていただいています。とてもせつない曲ですが、私が以前から大好きな1曲です。もやもやした気持ちが重なるいまの世の中に聴いていただいて、ぜひ涙活の1曲として楽しんでいただければ……」と紹介。
(左から)作・編曲家の蔦将包、作詞家・石原信一、門松みゆき
そのステージに、ヒット祈願にも参列した作詞家・石原信一と作・編曲家の蔦将包が応援に駆けつけ、石原は「門松みゆきの4枚目のシングルですが、『カラオケ☆バトル』(テレビ東京)では優勝して、何でこんなに実力のある娘がいまいち突き抜けないのかと、ずっと思っていました。今度こそ突き抜けるはずです。ぜひ応援してください」。蔦は「門松みゆきさんの曲を初めて書かせていただきましたが、いろんな古い歌もたくさん知っていてそれもいいんですけれど、ちょっと新しい歌謡曲、演歌の匂いがする声だなと思って、大変期待しております」と絶賛。

その2人の激励の言葉に門松は「毎回、素晴らしい作品をいただくたびに、どうやって表現して皆さまに伝えたらいいのか悩むのですけれど、今回も両先生から素晴らしい作品をいただいて、ますます身の引き締まる思いで頑張っていきたいなと思っております」と意欲を燃やし、最後にその新曲「彼岸花咲いて」を熱唱した。
歌の奉納を終えた門松は「久しぶりに緊張感がよみがえってきました。デビュー曲の『みちのく望郷歌』のときもこちらでヒット祈願させていただきましたが、そこからあっという間に4年がたちましたが、いまもあのころと変わらずデビュー1年目のフレッシュな気持ちでいます。セカンドシングル『浜木綿しぐれ』を出させていただいたころから新型コロナウイルスの影響で全くと言っていいほどお客さまの前での歌手活動ができなくて、それが丸2年続いて、3年目から感染対策をしながら少しずつ皆さまの前で歌をお届けできる環境ができてきて、『彼岸花咲いて』という素晴らしい作品をいただきましたので、直接、生歌を皆さまにお届けして、門松みゆきの代表曲になるよう頑張っていきたい」と張り切っていた。
今年は20代最後の年にあたるが、「この『彼岸花咲いて』の主人公の女性が、すごく一途で健気ですてきな方でして、そういったすてきな女性を目指して、30代を迎えるにあたって自分磨きもしていきたい」と話していた。

7月10日には、出身地、神奈川・小田原市の小田原三の丸ホールで初のワンマンコンサートを開催する。

アーティスト

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着