記憶を失くした売れない役者が覚醒する!

記憶を失くした売れない役者が覚醒する!

「シティーハンター」仏実写版チーム
がアッセンブル バットマン…ではな
くて「バッドマン」7月公開

記憶を失くした売れない役者が覚醒する!(c)CINEFRANCE STUDIOS - BAF PROD - STUDIOCANAL - TF1 STUDIO - TF1 FILMS PRODUCTION 「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」の製作陣が再結集したアクション・コメディ「Superwho?(英題)」が、「バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー」の邦題で、7月15日から公開されることが決定。あわせて、ポスタービジュアルも披露された。
 警察署長の父親の反対を押し切り、役者として夢を追い続けているセドリック。実は心が折れかけていたその時、新作映画「バッドマン」の主役に抜擢される(「バットマン」ではなく「バッドマン」だ)。“バッドモービル”に乗り、宿敵“ピエロ”と戦うヒーロー映画。このチャンスを逃してはならないと、セドリックは体を鍛え上げ、武術を学び撮影に挑む。
 戸惑いながらも撮影初日が順調に終わろうとする中、妹から父親が倒れたという知らせが入る。焦ったセドリックは、バッドスーツのままバッドモービルに乗り病院へと急ぐが、その途中で事故に遭い気絶してしまう。そして目を覚ますと、自分の名前や過去の記憶を失っていた。「なぜこんなスーツを着てこんな車に乗っている? そうか、オレはスーパーヒーローだったのか!」。こうして“勘違いヒーロー”が誕生することになった。
 監督・主演を務めるのは「シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション」のフィリップ・ラショー。タレク・ブダリ、ジュリアン・アルッティ、そしてエロディ・フォンタンといった“フランス版シティーハンター”ではお馴染みの面々に加え、「ベティブルー 愛と激情の日々」のジャン=ユーグ・アングラードも出演。さらに、超大物ハリウッド俳優がカメオ出演しているようだ。
 ポスターでは、マイティ・ソー、キャプテン・アメリカ、ハルク、アイアンマンを想起させる人物、バットマンとジョーカーらしきキャラクターを活写。「ハリウッドよ、これがヒーローだ?!」というコピーも並び、“アベンジャーズ”と“バットマン”らしきものが融合したビジュアルとなっている。
 「バッドマン 史上最低のスーパーヒーロー」は、7月15日から、ヒューマントラストシネマ渋谷、グランドシネマサンシャイン池袋ほか全国公開。

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着