【チョコレートプラネット】好きなワ
ード?コンビ名の由来

今や大人から子どもまで大人気のチョコレートプラネット。彼らのラジオ番組「チョコレートプラネットの東京遊泳」において、松尾は「チョコレートプラネットのチョコ担当」と発言したことがある。チョコ担当とは一体どう言う意味なのか?チョコレートプラネットのコンビ名の由来を考えると謎が紐解ける。コンビ名の由来コンビ名チョコレートプラネットの由来は、YouTube公式SDGsチャンネル「ハフライブ」に投稿された動画「チョコプラ長田さんと考える“チョコレートとSDGs”」で確認することができる。コンビ名の由来を質問された長田は「そんな深い意味はないんですよね」と前置きした上で「お互い好きなワードを出し合って、相方がチョコレートで俺がプラネットでチョコレートプラネット」と由来を明かした。また、チョコレートプラネットに決めたもう一つの理由が、コンビ名を訳した時にポップな感じになるという理由だった。訳した時の響きにこだわった理由は、同じ事務所の先輩だったオリエンタルラジオの影響である。デビューして間もなく「オリラジ」と呼ばれて大ブレイクを果たしたオリエンタルラジオのように、コンビ名を訳されたいという願いがあったのだ。その結果、現在「チョコプラ」の略称で世間に愛されている。なぜ「プラネット」と答えたのか長田が好きなワードになぜ「プラネット」を選んだのかについては、彼の公式Instagramで明かされている。2019年10月27日に投稿されたInstagramにおいて「ファンタスティック・プラネット」というフランス映画の画像を添えて「チョコレートプラネットのプラネットはここからも来てる」とコメントを残している。その他にプラネットを選んだ理由について長田は「宇宙好き」だったからと、NHKEテレの「宇宙タクシー」で明らかにしている。チョコプラの帯番組「一目でわかる!!」において、ゲストの篠原涼子がチョコプラのことを「チョコレートさん」と呼んだ時、チョコプラと合同MCの亀梨が「チョコレートさんだと松尾さんだけになっちゃう」とフォローを入れている。チョコレートプラネットと親交のある芸能人には、コンビ名の由来は有名な話の様だ。今後もますます活躍する「チョコプラ」に目が離せない。※この記事は個人の見解を含みます

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着