【櫻坂46】センターは立候補制?バッ
クスライブの魅力を解説

櫻坂46は、“櫻エイト”というシステムをとっていることをみなさんはご存知でしょうか。“櫻エイト”とは、表題曲とカップリング曲の各曲で1、2列目に配置される8人のことを指します。今回は、それに選出されなかったメンバー“バックス”によるバックスライブ(BACKS LIVE)の魅力について、解説していきます。センターは立候補制バックスライブは曲ごとにセンターが入れ替わり、どのメンバーがどの楽曲でセンターを務めるのかは、立候補制により決まります。パフォーマンス中のメンバーの表情やダンスから、その曲に対する思いが伝わってきます。これが、バックスライブ最大の魅力だと筆者は感じます。メンバーの個性が発揮櫻坂46には、可憐な曲、かわいい曲、かっこいい曲など様々存在し、メンバーが曲に合わせて様々な表情をみせています。「ブルームーンキス」でセンターを務めた守屋麗奈(愛称:れなぁ)さんは、彼女らしく“かわいい”を存分に発揮。曲中のセリフ「あ、キスしちゃった」を披露し、ファンをメロメロにしていました。また、武元唯衣(愛称:ちゅけもん)さんは「BAN」の歌詞を今の自分に重ねて、「BAN」センターに立候補。持ち前の力強いダンスを披露し、ファンを魅了しました。そのほかにも、各楽曲でメンバーそれぞれが強い思いでパフォーマンス披露しており、その姿に感動すること間違いなしです。メンバーの思いやはり、アイドルで活動している以上は、表題曲で前列で活躍したいものです。ライブパフォーマンスやMCでは、メンバーの思いを感じたり、知ったりすることができます。バックスライブは、目標に向けて、前に進むメンバーを応援したいという気持ちにさせてくれます。以上、櫻坂46の“バックスライブ”の魅力を紹介させていただきました。櫻坂46はメンバー全員が魅力的な個性をもっています。ぜひ、バックスにも注目していただき、櫻坂46をもっと好きになっていただけたら幸いです。※個人の見解を含みます。

アーティスト

新着