Nao Kawamura、4年ぶりとなるアルバ
ムを配信リリース 発売記念ワンマン
を8月に開催決定

Nao Kawamuraが、セカンドアルバム『Elemental pop』を5月25日(水)に配信リリースする。
4年ぶりのフルアルバムとなる今作には、冨田恵一をサウンドプロデューサーに迎えた楽曲「I wanna be there for you」、origami PRODUCTIONS のShingo Suzukiをアレンジャーとして迎えた「Light」ほか、Black Boboiをフィーチャリングした「Shelter feat. Black Boboi」、ドラムにKing gnu、millennium paradeの勢喜遊を迎え、迫力あるドラミングが存在感を光らせている「Power」なども含む全11曲を収録。
『Elemental pop』
アルバムタイトル『Elemental pop』のエレメンタルとは、“四大精霊”ものに宿る力や目に見えない力のこと。また要素という意味もある。【目に見えない私を構成する要素】=【エレメンタル】 そして「ポップス」というのは、Nao Kawamuraにとって社会と自身を結ぶフィルターであることから、Naoが自身の音楽ジャンルを表現するワードでもある『Elemental pop』というタイトルがつけられた。
サウンド面では、アルバムプロデューサー千葉省吾(ミカエルワレ)と共に、“まず第一にNaoの歌が中心にあり、メロディが主軸になる楽曲”を一から作り上げることで、より一層 Nao Kawamura自身が持つ多彩な声、キャラクターが縛りなく表現され、曲ごとに違った魅力を持つアルバムが完成したという。
また、今作のリリースを記念したワンマンライブが8月5日(金)渋谷TOKIO TOKYOにて開催される。
Nao Kawamura コメント
今まで以上にじっくり時間をかけて制作することができた今回のアルバム。支えてくれたチームのみんな、素晴らしいミュージシャン、私を取り巻く全てに感謝の気持ちでいっぱいです。Elemental pop、楽しんで!
2nd Album Release ONEMAN LIVE ‘RECONNECT’

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着