ZOZOマリンで『ALL FOR CHIBA』開催
! 6月のテーマは「MUSIC」

千葉ロッテマリーンズは6月24日(金)~26日(日)、ホームタウン千葉県のために戦う『ALL FOR CHIBA』をZOZOマリンスタジアムで開催する。対戦相手はオリックス・バファローズ。
6月の『ALL FOR CHIBA』のテーマは「MUSIC」。24日(金)には習志野市立 習志野高校吹奏楽部が来場し、試合前にグラウンド内でパフォーマンスと国歌演奏を行う。グラウンド内パフォーマンスは17:35頃、国歌演奏は17:52頃を予定。
ホームタウンである千葉県のために戦う『ALL FOR CHIBA』
習志野高校吹奏楽部は、全日本吹奏楽コンクールや全日本マーチングコンテストなどに連続出場している、全国屈指の実力を誇る名門校。マリーンズの応援は2018年、2019年と行っており、一時は新型コロナウイルスの影響によって中断していたが、3年ぶりにZOZOマリンスタジアムに登場することになった。
習志野市立 習志野高校の野球部は、甲子園春夏合わせて13回の出場(優勝2回、準優勝1回)を果たしており、福浦和也一軍打撃コーチ、古谷拓郎投手、池田来翔選手の母校でもある。マリーンズをはじめプロに進んだOBも多く、サッカー部も全国制覇3回(全国高校サッカー選手権2回、全国高校総体1回)を果たした強豪校だ。
今回の演奏パフォーマンスにあたり、吹奏楽部顧問の海老澤博先生、吹奏楽部部長・七海歩夢さんは以下のようにコメントしている。
「千葉ロッテマリーンズの応援は我々にとっても大変貴重な経験です。3年の時を経て、改めてお客様の前で共に盛り上げられる機会をいただき、幸せな気持ちでいっぱいです。千葉そして習志野の風を吹き鳴らせるように、頑張って務めさせていただきます」(海老澤博)
「前回に引き続き千葉ロッテマリーンズの選手の方にエールを送らせていただけることになり大変うれしく思っています。応援を行う機会に恵まれなかったのですが、今回の機会を通して、応援することでの達成感を感じつつ、選手の方々を鼓舞できるように、部員一同熱く、全力で応援したいと思います」(七海歩夢)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着