電気グルーヴ、28年ぶりのアリーナ単
独公演が決定 過去のMV25曲も一挙公

2022年10月15日(土)にぴあアリーナMMで、電気グルーヴのライブ『and the ARENA ~みんなとみらいのYOUとぴあ~』の開催が決定した。
電気グルーヴの単独公演は、2019年3月に行われた『ウルトラのツアー』以来、約3年半振り。アリーナでの単独公演は、1994年12月に行われた『たんぽぽツアー』(横浜アリーナ)以来、約28年振りとなる。
本日・5月26日(木)より、ファンクラブ(DENKI GROOVE CUSTOMER CLUB)会員の第一次先行(抽選)受付がスタート。ファンクラブ会員限定で、無観客配信ライブ『FROM THE FLOOR ~前略、床の上より~』(2020年12月)、『ON THE STAGE ~恐怖!!町のブタイ~』(2021年6月)の映像(メンバーによる副音声付き)を収録したBlu-ray、DVD付きのチケットと上記2公演の配信ライブ視聴券付き、ライブチケットのみの4種類に、それぞれの学割チケット4種類の、計8種類から選択することができるとのこと。
また、電気グルーヴおよび電気グルーヴ✕スチャダラパーが過去に発表したMUSIC VIDEO25作が、YouTubeで公開された。
公開されたMUSIC VIDEOは、「ビコーズ」(1991)「CATV」(1991)「ウィー・アー」(1991)「MUD EBIS」(1991)「Cafe de 鬼(もっとおもしろい顔MIX)」(1993)「Popcorn(Single Mix)」(1993)「新幹線(TAB EATER MIX)」(1993)「N.O.」(1994)「ドリルキング社歌2001」(1994)「誰だ!(瀧 EDIT)」(1996)「Shangri-La」(1997)「VOLCANIC DRUMBEATS」(1997)「ピエール瀧の体操30歳」(1997)「FLASHBACK DISCO」(1999)「Nothing's Gonna Change(死者の書 Ver.)」(1999)「ピエール瀧の体操36歳」(2003)「弾けないギターを弾くんだぜ」(2004)「Mr.Empty」(2004)「中年パンク」(2004)「ピエール瀧の体操42歳」(2009)「顔変わっちゃってる。(Donky Town Mix / Acid Morphing Movie)」(2018)「電気グルーヴ30周年の唄」(2019)の22作に加え、電気グルーヴ✕スチャダラパーの「Twilight(#1 アブストラクトな林檎たち)」(2005)「Twilight(#2 ふぞろいのネジ屋敷)」(2005)「聖☆おじさん」(2005)。
「顔変わっちゃってる。(Donky Town Mix / Acid Morphing Movie)」は、アルバム『TROPICAL LOVE』(2017年)の完全生産限定盤購入者のみが視聴出来た作品。「電気グルーヴ30周年の唄」は、ライブツアー『ウルトラのツアー』(2019年)のZepp Osaka Bayside会場のみで公開された作品で、いずれも一般公開は初となる。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着