トム・クルーズがバイクごと断崖絶壁
から急落下 シリーズ最新作『ミッシ
ョン:インポッシブル/デッドレコニ
ング PART ONE』公開が決定

『ミッション:インポッシブル』シリーズの最新作『Mission:Impossible – DEAD RECKONING – PART ONE』が、『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』の邦題で2023年に劇場公開されることが決定した。
『ミッション:インポッシブル』は、トム・クルーズ演じるスパイ組織IMF所属のイーサン・ハントとそのチームの活躍を描いたアクション映画シリーズ。『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』は、その第7作にあたる作品だ。
これまでのシリーズ同様、イーサン・ハントをトム・クルーズが演じているほか、ベンジー・ダン役のサイモン・ペッグ(『ミッション:インポッシブル3』以降シリーズ)、イルサ・ファウスト役のレベッカ・ファーガソン(『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』以降シリーズ)、ルーサー・スティッケル役のヴィング・レイムス(『ミッション:インポッシブル』全シリーズ)などお馴染みのメンバーや、前作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のホワイト・ウィドウ役ヴァネッサ・カービーも続投。また、シリーズ1作目以来の登場となるユージーン・キットリッジ役のヘンリー・ツェーニーが再登場する。そして、本作から、新たにヘイリー・アトウェル(『アベンジャーズ/エンドゲーム』)、ポム・クレメンティエフ(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ)、イーサイ・モラレス(『バッド・ボーイズ』『ザ・タウン』)が初参加を果たしている。
なお、本作のタイトルである「デッドレコニング」とは“推測航法”の意。航行した経路や進んだ距離、起点、偏流などから過去や現在の位置を推定し、その位置情報をもとにして行う航法のこと。本作は、そのタイトルどおり、イーサンのこれまでの軌跡を辿る集大成の物語であるという。
解禁された特報映像では、イーサンがCIAに所属しIMFの監督官だったユージンに「君の”大義”のための戦いは 終わりだ」「君が守ろうとしている理想は存在しない どちらにつくか選べ」と告げられる意味深なシーンも公開。イーサンたちは今回、アブダビ、ベネツィア、ローマ、ノルウェーなど様々な国でのミッションに挑んでおり、列車での戦闘シーン、ローマ市街地でのカーチェイス、そして、終盤にはバイクで大ジャンプを決めて崖から真っ逆さまに落下するイーサンの姿も収められている。なお、崖からの落下シーンは、ノルウェーヴェストラン地方の最北部、ムーレ・オ・ロムスダールにある山の断崖絶壁で撮影されている。これまでのシリーズ同様、トム・クルーズは同シーンでも自らスタントに挑戦。1万3,000回ものバイクジャンプを行うなど、1年以上にもわたるトレーニングを積んだとのこと。トム自身は「俳優人生で最も危険なスタントを行った」と語っているという。
『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』は2023年全国公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着