神戸の劇場の企画「KAVC FLAG COMPA
NY2021-2022」延期された公演の振替
が続々と決定

ウォーリー木下がプログラム・ディレクターを務める、神戸市の公立劇場[神戸アートビレッジセンター(通称KAVC)]のショーケース企画「KAVC FLAG COMPANY(以下KFC)」。関西の気鋭の劇団を紹介する企画だが、第3回となる2021年度は新型コロナの影響で中止・延期が相次ぎ、参加5劇団の中で、予定通り公演を打てたのは「小骨座」のみという、さびしい結果となってしまった。しかし中止になったのは「安住の地」のみで、残りの「劇団不労社」「かのうとおっさん」「StarMachineProject」に関しては、6月から振替公演が相次いで開催される。
現代社会の暗黒面をグロテスクな笑いに変える作風で注目を集める劇団不労社は、集団暴力をテーマにした『BLOW&JOB』を上演(6/3~5)。監視塔のようなものを舞台に作り、観客はそれを取り囲むようにして、狂乱のマネーゲームを強いられる労働者を“監視”するというブラック・コメディだ。
劇団不労社。
結成23年目を迎えた、男女二人組のコメディユニット・かのうとおっさんは、群像会話劇『恐怖! ときめきの館』を上演(7/8~10)。若い時には普通に持っていた「ときめき」を、40代になってから取り戻すべく、妖しい館に集められた7人の男女たちの、大真面目だけれど何ともバカバカしい人間模様を見せていく。
かのうとおっさん。
ウォーリー木下の劇団「sunday」に所属する俳優で、映像作家の顔も持つ赤星マサノリの個人ユニット・StarMachineProjectは『定位』を上演(9月上旬予定)。映像や音響などの各種テクノロジーと俳優・ダンサーの身体を融合して、観客の想像力を喚起するような世界を作り上げる。特に本作は「音」がキーとなるそうだ。
StarMachineProject。
以上、作風も劇場の使い方も、三者三様となるのは確実のラインアップだ。KFCは公演だけでなく、トークや劇評などの関連企画も多く、この施設と同じく、複合的に楽しめるようなイベントとなっているので、合わせてチェックしておこう。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着