ワッツ・オン・ブロードウェイ?~B
’wayミュージカル非公式ガイド【20
22年・遅れて来た春号】

基本的に1月(冬)、4月(春)、7月(夏)、10月(秋)の季刊ペースで更新することにしているこの連載だが、ブロードウェイに行けない期間が長すぎてやる気もネタも尽きてしまい、この4月には2022年春号をお届けすることができなかった。しかし今、2か月遅れでお届けしようとしているのには明確な理由がある――ブロードウェイに来ているのだ。「2か月遅れの更新」と、3年間夢に見るほど待ち詫びた筆者にようやく「春が来た」のダブルミーニングによる「遅れて来た春号」である。
上演中のミュージカルの日本人的みどころを紹介していく、という本来の趣旨には、次号から戻っていくとして。今回はまず、まだコロナ禍が終息はしていない今、日本からブロードウェイに行くことの難しさと意義を綴らせていただこう。あくまで個人の体験に基づく主観であり、また状況は刻々と変わるため、実際に渡航される際の直接的な資料にはしないでいただきたいのだが、行きたいが迷っている際などの参考になれば幸いだ。
■必要な手続き
現在アメリカ・日本とも、ワクチン3回接種証明書と直近のPCR検査の陰性証明書があれば、入国後の隔離期間は不要となっている。ただこの接種証明書の取得には時間が、陰性証明書には費用が掛かるので要注意。いや、既にマイナカードを所持していれば接種証明書アプリは割とすぐ入手できるのだが、未所持だった筆者にはこれだけで1か月仕事だった。そしてPCR検査だが、日本でもアメリカでも検査自体は無料でできるところが増えているものの、渡航に必要な証明書付となると数千円から数万円掛かる。この幅が曲者で、安いものでも大丈夫ではあるのだろうと思いつつ、万が一不備があって入国拒否されたら…とか考え始めるとそれなりのお金は出してしまうのが人間だ。筆者は日本とアメリカの2回で計3万5千円ほど積んだ。ちなみに、こんなに苦労して取得したというのに今のところ、どちらの証明書もアメリカでは入国審査時含め、まだ一度も提出を求められていない…。
■覚悟すべきこと
費用が掛かると言えば、旅自体もだ。コロナ前は航空券+ホテルのセットプランを利用することが多かったが、それだとキャンセルや変更が利かない。いつ状況が変わるか分からないなかでそれは危険(状況悪化してるけどもったいないから行っちゃおう!的発想になりそう)と判断し、変更可能な航空券とギリギリまでキャンセルできるホテルを別々に予約したら、いつもの1.5倍ほど掛かった。加えて、この円安である。ブロードウェイのチケット代はそもそも値上がりし続けているため、生ヒュー・ジャックマンを拝むにはやはり3万5千円の覚悟が必要だし、観劇の合間に何をしても高くつく。そして、そんな費用問題以上に差し迫っているのがもちろん感染リスク。劇場ではマスクが必須だが、街中ではもはや誰もしておらず、筆者はもちろん常時着用だが帰国前PCR検査までドキドキの日々である。もし日本に持ち帰ったら真っ白い目で見られることも含めて、覚悟すべきことの一つだろう。
■それでも行くべきか?
面倒な手続きしてお金掛けてリスク背負って、そこまでして行く意義があるのか? 答えは人それぞれだろうが、少なくとも筆者は今、来たことを一ミリも後悔していない。作品とかキャストとか街の雰囲気とか以前に、ブロードウェイの「劇場」そのものがたまらなく好きなのだと、3年以上ぶりに来たことで改めて悟ったからだ。天井が低くて舞台が近くて床が斜めでゴテゴテしてて音響が良くてアメリカ人観客がいる、あの劇場にいるだけでむせび泣けるほど幸せ。もしもこの点に共感する読者がいたら(いるのか?)、すぐにでも面倒な手続きに着手されることを全力でお勧めする。マスク着用義務があるだけで、劇場は何も変わっていないし、歓声・会話禁止や整理退場といった日本ではおなじみの規制も一切ない。だからこそドキドキの日々でもあるのだが、この興奮はやはり何物にも代えがたい――!
【2022-2023シーズンの新作】
*情報は2022年5月25日時点のもの
『1776』6月プレビュー開始予定
1969年のトニー賞受賞作をD・パウラス演出でリバイバル。米国独立宣言の裏側を描く。
https://www.roundabouttheatre.org/get-tickets/upcoming/1776/
『A Beautiful Noise』11月プレビュー開始予定
ニール・ダイアモンドの伝記系ジュークボックス。M・メイヤー演出、W・スウェンソン主演。
https://abeautifulnoisethemusical.com/
Camelot』11月プレビュー開始予定
ラーナー&ロウ(『マイ・フェア・レディ』)の古典をリバイバルの名手、B・シャー演出で。
https://www.lct.org/shows/camelot/
『KPOP』10月プレビュー開始予定
Kポップシーンの裏側を描くオフ作品がオン進出。『The View Upstairs』の作曲家も参加。
https://www.kpopbroadway.com/

『シング・ストリート』2022年プレビュー開始予定
同名のアイルランド映画(副題「未来へのうた」)の舞台化。オフでの好評を受けてBW入り。
https://singstreet.com/
『お熱いのがお好き』11月プレビュー開始予定
M・モンロー主演の名作映画をC・ニコロウ(『アラジン』)の演出・振付で舞台化。
https://somelikeithotmusical.com/
【2021-2022シーズンの作品(6月発表のトニー賞対象作】
『カンパニー』
ソンドハイムの傑作コメディの、主人公を女性に置き換えたリバイバル。P・ルポン主演。
https://companymusical.com/
『for colored girls who have considered suicide/ when the rainbow is enuf』6月6日まで
黒人女性の内面を詩や音楽で描く“Choreopoem(舞踊詩)”。1976年初演作のリバイバル。
https://forcoloredgirlsbway.com/
『ファニー・ガール』
58年ぶりのリバイバル。ロンドンで好評を得たM・メイヤー演出版。R・カリムルー出演!
https://funnygirlonbroadway.com/
『Girl From the North Country』
ボブ・ディランの楽曲がちりばめられてはいるが、作りとしては完全にプレイ。要英語力。
https://northcountryonbroadway.com/
『MJ The Musical』
マイケル・ジャクソンの半生を『パリのアメリカ人』のC・ウィールドンの演出・振付で。
https://mjthemusical.com/

『Mr. Saturday Night』
ビリー・クリスタル監督・脚本・主演映画の舞台化に本人が主演。音楽はJ・R・ブラウン。https://mrsaturdaynightonbroadway.com/
『ミセス・ダウト』5月29日まで
同名映画を『サムシング・ロッテン!』の作家兄弟と売れっ子演出家J・ザックスが舞台化。
https://mrsdoubtfirebroadway.com/
『ザ・ミュージックマン』
H・ジャックマンとS・フォスターが夢の共演。スターを観る喜びに満ち満ちた2時間半。
https://musicmanonbroadway.com/

『Paradise Square』
『生きる』の作曲家J・ハウランドの新作。19世紀マンハッタンを舞台に人種間の絆を描く。
https://paradisesquaremusical.com/
『SIX: The Musical』
ロンドンで大ヒット。ヘンリー8世の6人の妻がガールズパワーを炸裂させる痛快作!
https://sixonbroadway.com/
『A Strange Loop』
2019年のオフ公演がドラマデスク賞やピューリッツァー賞に輝いた秀作が待望のオン進出。
https://strangeloopmusical.com/

【ロングラン作品】
■日本で既に上演された/されている作品
『アラジン』
ディズニーアニメが舞台ならではの手法で表現された秀作。魔法の絨毯は本当に魔法。
https://www.aladdinthemusical.com/
シカゴ
『オペラ座の怪人』に次ぐロングラン記録を更新中の名物作。出来は割とキャスト次第。
https://chicagothemusical.com/
『ライオンキング』
開幕から20年以上経つというのに、未だ入場率がほぼ毎週100%を超える大ヒット作。
https://www.lionking.com/
『オペラ座の怪人』
言わずと知れた世界的メガヒット作。圧倒的な知名度ゆえ、劇場では日本人に遭遇しがち。
http://www.thephantomoftheopera.com/
『ウィキッド』
開幕から15年が経ち、ようやくチケットに多少の余裕が。定期的に観たい傑作。
https://wickedthemusical.com/
■日本未上演の作品
『ビートルジュース』
2019年作品の再演。『ムーラン・ルージュ!』でトニー賞に輝いたA・ティンバース演出作。
https://beetlejuicebroadway.com/
『ブック・オブ・モルモン』
日本では永遠に上演されなさそうだが超絶面白い。モルモン教だけwikiで調べて観るべし。
https://bookofmormonbroadway.com/
『カム・フロム・アウェイ』
「911」の日、カナダの小さな町に起こった実話をシンプルだが力強い演出で描く感動作。
https://comefromaway.com/
『ディア・エヴァン・ハンセン』
深遠なテーマをスタイリッシュに描く、2017年のトニー賞受賞作。映画版も話題に。
https://dearevanhansen.com/
Hadestown』
『グレコメ』の演出家が現代的に描くギリシャ神話。2019年のトニー賞で8冠を達成。
https://www.hadestown.com/
『ハミルトン』
近年最大のモンスター級ヒット作。ディズニー+で配信中(日本語字幕付き)。
https://hamiltonmusical.com/
『ムーラン・ルージュ!』
2021年のトニー賞受賞作。原作はB・ラーマン監督の映画。2023年に日本で上演される。
https://moulinrougemusical.com/
Tina:ザ・ティナ・ターナー・ミュージカル』
ティナ・ターナーの半生を彼女の楽曲で綴る。ロンドンでの好評を受けてBW入り。
https://tinaonbroadway.com/

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着