初演から4年ぶりの続編舞台『アニド
ルカラーズ キュアステージ -Jump t
o the Future-』が開幕 オフィシャ
ル公演レポート到着

アニマルアイドル育成ゲーム「アニドルカラーズ」を原作とする舞台『アニドルカラーズ キュアステージ -Jump to the Future-』(以下「キュアステ」)が、2022年5月27日(金)に初日を迎えた。
本公演はアプリ本編2部の舞台化となっており、2018年に上演した「シリウス学園編」から約4年ぶりとなる続編を描く。個々の成長やグループの絆が深く描かれる今作の公演レポートが到着した。

シリウス学園のトーナメントTOP Of SRIUSでClarityに敗れデビューを逃したものの、大手芸能事務所・フェニックス
プロダクションの所属が決まった7Colors(セブンカラーズ)。
プロのアニドルとしての活動に胸を膨らませる7人を前に同じ事務所に所属する新進気鋭の新人グループ・RUSH !(ラッシュ)が突如現れ、社長から1年後のプロデビューを賭け7ColorsとRUSH!の対決を言い渡され物語はスタート。
虎雄と悠希のグータッチでストーリーはスタート (c)Voltage
国民的アイドルMajestic Storyの登場に興奮が隠せない7Colors (c)Voltage
対決に向け、7ColorsもRUSH!もそれぞれ活動を始めるが、RUSH!のリーダー一色虎雄(縣豪紀)の圧倒的なリーダー力を見て焦る真哉(小林涼)。
さらに立ち上げたHPの掲示板に「7Colorsリーダーに向いていない」と書き込まれ、自信を喪失しケモミミ化できなくなってしまう。一方、白鳥の能力に憧れを持つ巴瑠(樋口裕太)も、白鳥の能力を持ちながらもそれを生かそうとせずおどおどするかすみ(杉山真宏)に対し苛立ちを露わに。
さらに悠希もMajestic Storyの騎士団長・ヨウ(三谷怜央)の言葉に、自分を見失ってしまう。
ストリートライブで新曲「Why did you say」を披露するRUSH! (c)Voltage
掲示板の書き込みにショックを受ける真哉 (c)Voltage
白鳥の能力を生かそうとしないかすみに対し苛立ちを見せる巴瑠 (c)Voltage
普段は元気いっぱいの悠希が自分を見失ってしまう (c)Voltage
一方、家族の強い絆で結ばれたRUSH!だったが、5人が育った施設の取り壊しをきっかけに理(演:瀬戸啓太)と勝利(谷水力)が対立。
プロのアニドルになって施設を買い取るという夢を持つ虎雄に取り壊しの事実を黙っていることにした4人だったが、後日虎雄にも知られることになり、さらに工事の音で幼い頃に事故で無くしていた記憶が蘇り、探していた両親がとっく
に死んでいたという事実を知ってしまう。あまりの精神的ダメージに動物の能力が暴走してしまいー…
過去のトラウマに葛藤するRUSH!メンバー (c)Voltage
理に寄り添う虎雄 (c)Voltage
グループの問題や個々の葛藤を乗り越えたどり着いた最後の対決ステージ。物語の結末はぜひ劇場で見届けてほしい。本公演は5月31日(火)までオルタナティブシアターにて上演中。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着