【BTS】ジンが「Moon」と「Jamais V
u」を選曲した理由

BTSのニューアルバム『proof』がリリースされるにあたって、メンバーそれぞれが選曲した理由を語る「Proof of Inspiration」。これらはBIGHIT MUSICのTwitterにて公開されています。今回は「Moon」と「Jamais Vu」を選んだジンについてご紹介します。「Moon」と「Jamais Vu」をもう一度聴いてもらいたかったジンがこれらを選曲した理由は、単純に「Moon」と「Jamais Vu」をもう一度聴いてもらいたかったからだと語ります。「Moon」という曲の意味はとても分かりやすいです。ジンが月、そしてARMYが地球のような関係であり、その関係性は切っても切り離せないものという内容をストレートに歌っています。そのストレートな歌詞に、ジンの真っ直ぐな性格、透き通った歌声がベストマッチで、奇跡のコラボレーションのようにさえ感じます。しかし、ここでジンはこの関係性は今ではさらに発展した、と言います。それは、ジンがARMYであり、ARMYがジンである、つまり1つに同化したというのです。これだけ聞くと、よく意味が分かりませんよね。でも、ジンの話の続きを聞けば、納得するはずです。「わたしがここまで歩んできた道は、ARMYがいなければ不可能だったでしょう。ARMYの皆さんはわたしであり、BTSの生きた証拠です。」つまり、一緒に歩んできたARMYは、もはや自分と同然なのであると語ってくれているのです。そして、BTSの生きたproof(証拠)であると。メンバーやARMYを思い浮かべながら、もっといい音楽を作っていきたい「Jamais Vu」の歌詞は、つらい時や疲れ果てた時に救済や慰めを求める内容です。ジンは、自分が辛い時や疲れ果てた時にいつでも自分の避難所となってくれて、慰めをくれるのはメンバーやARMYであると言います。そんなみんなを思い浮かべながら、これからももっといい音楽を作っていきたいと意気込みを語ってくれました。この2曲はとてもジンらしい選曲で、本人の良さが引き立っていますよね。ARMYのことをジンがいかに大切に考えてくれているかが伝わってくる内容で、素晴らしかったです。※個人的な見解を含みます。

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着