是枝裕和監督の韓国映画『ベイビー・
ブローカー』ソン・ガンホが最優秀男
優賞に輝く エキュメニカル審査員賞
とあわせ2冠

現地時間5月28日(土)夜、『第75回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門の授賞式が行われ、是枝裕和監督の映画『ベイビー・ブローカー』主演ソン・ガンホが最優秀男優賞を受賞したことがわかった。
『ベイビー・ブローカー』は、『そして父になる』や『万引き家族』などの是枝裕和監督が初めてメガホンをとった韓国映画。子供を育てられない人々が匿名で赤ちゃんを預ける “ベイビー・ボックス”を巡るオリジナルストーリーを描いた作品だ。『パラサイト 半地下の家族』などで知られるソン・ガンホ、『MASTER/マスター』などのカン・ドンウォン、『空気人形』などのペ・ドゥナ、シンガーソングライター“IU”としても知られるイ・ジウン、『梨泰院クラス』などのイ・ジュヨンらが出演している。
古びたクリーニング店を営みながらも借金に追われるサンヒョン(ソン・ガンホ)と、赤ちゃんポストがある施設で働く児童養護施設出身のドンス(カン・ドンウォン)。ある土砂降りの雨の晩、彼らは若い女ソヨン(イ・ジウン)が“赤ちゃんポスト”に預けた赤ん坊をこっそりと連れ去る。彼らの裏稼業は、ベイビー・ブローカーだ。しかし、翌日思い直して戻ってきたソヨンが、赤ん坊が居ないことに気づき警察に通報しようとしたため、2人は仕方なく白状する。「赤ちゃんを大切に育ててくれる家族を見つけようとした」という言い訳にあきれるソヨンだが、成り行きから彼らと共に養父母探しの旅に出ることに。一方、彼らを検挙するためずっと尾行していた刑事スジン(ぺ・ドゥナ)と後輩のイ刑事(イ・ジュヨン)は、決定的な証拠をつかもうと、静かに後を追っていく。
『ベイビー・ブローカー』は、カンヌ授賞式で、審査員長のヴァンサン・ランドンをはじめ、アスガー・ファルハディ、ジェフ・ニコルズ、レベッカ・ホール、ディーピカー・パードゥコーン、ノオミ・ラパス、ジャスミン・トリンカ、ラジ・リ、ヨアキム・トリアー監督らが選ぶ「最優秀男優賞」に選出。ソン・ガンホは、隣に着席していたカン・ドンウォン、是枝裕和監督らと熱い抱擁を交わした後、壇上へ上がり、「本当に有難うございます。光栄です。偉大なる芸術家、是枝裕和監督に深く感謝申し上げます。一緒に頑張ってくれた役者のカン・ドンウォンさん、イ・ジウンさん、イ・ジュヨンさん、ペ・ドゥナさんに深い感謝と、この光栄を分かち合いたいと思います。イ・ユジン代表、そしてCJの関係者の方にも本当に感謝しています。今、2階にいると思いますが、愛する家族と共に来ました。本当に大きなプレゼントになりました。とても嬉しいですし、このトロフィーの光栄と永遠なる愛を差し上げます。多くの映画ファンにこの栄光を差し上げます」と目を潤ませながら喜びのスピーチを行った。
カンヌ国際映画祭で、韓国人俳優が最優秀男優賞を受賞するのは初めて。是枝裕和監督作品がカンヌ国際映画祭で同賞を受賞するのは、2004年『誰も知らない』の柳楽優弥以来2度目のこと。なお、本作は「エキュメニカル審査員賞」(カンヌ国際映画祭の独立賞で、キリスト教関連の団体から「人間の内面を豊かに描いた作品」に与えられる)を受賞しており、最優秀男優賞と合わせてカンヌ2冠に輝いている。
『ベイビー・ブローカー』は6月24日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着