(左から)岸井ゆきの、ムロツヨシ、若葉竜也 (C)エンタメOVO

(左から)岸井ゆきの、ムロツヨシ、若葉竜也 (C)エンタメOVO

ムロツヨシ、役柄と向き合うため「ム
ロシズカに」 「普段は照れくさくて
できないのですが…」

 映画『神は見返りを求める』完成披露試写会が1日、東京都内で行われ、出演者のムロツヨシ、岸井ゆきの、若葉竜也、吉村界人、柳俊太郎と吉田恵輔監督が登壇した。
 本作は、イベント会社に勤める田母神尚樹(ムロ)が、合コンで出会ったYouTuberのゆりちゃんこと川合優里(岸井)のYouTubeチャンネルを手伝うようになるが、あることをきっかけに2人の関係が一変する様子を描く。
 ムロは「いつもなら“にぎやかムロ”で現場を盛り上げるのですが、今回は受け身の役だったので“ムロシズカ”になっていました」と告白。
 空き時間も、岸井とはあまり会話をしなかったそうで、「役柄によって距離を置くとか、普段役者っぽいことは照れくさくてできないのですが、今回は1人の時間を設けて本番に挑むようにしていました」と振り返った。
 ムロは、その理由として、「この脚本を軽くやっちゃうと、吉田さんの書いた、人の愚かさが薄っぺらくなっちゃうと思ったので」と説明。
 岸井も「ムロシズカでしたね。最初はもっと楽しい感じなのかと思っていたら、主演の方…?というぐらい端っこにいて、深いキャンプ用のいすで毛布に包まって…」と明かした。
 また、映画の内容にちなみ、「最近、豹変(ひょうへん)したこと」を尋ねられたキャストたち。
 ムロと10年以上の付き合いという若葉は「二人芝居などを一緒にやってきたのでムロさんの豹変はたくさん見てきました。ムロさん、今これだけ皆さんの前で明るくにぎやかにやっていますが、本当はもっと“怖い”です」と意味深なコメントを。
 会場が沸く中、若葉は「お芝居に情熱的で、汗を振り絞りながら、目を血走らせて舞台に立っているムロさんというのは、今よりもはるかに格好いいので、ぜひ機会があったら見に行ってください」と続けた。まさかの落ちにムロは「いい子だ」とうれしそうに笑った。
 映画は6月24日から公開。

アーティスト

エンタメOVO

新着