Cocco、2年半ぶりの全国ツアー・ファ
イナル公演のオフィシャルレポートが
到着 11月からは25周年ベストツアー
開催決定

Coccoの2年半ぶりとなる全国ツアー『Cocco Live Tour 2022 “プロム”』が、昨日・6月7日に東京 TOKYO DOME CITY HALLにてファイナルを迎えた。本記事では、同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

約2年半ぶりのツアーとなった『Cocco Live Tour 2022“プロム”』は、愛知、福岡、大阪、東京と巡り、6月7日、TOKYO DOME CITY HALLでファイナルを迎えた。Coccoは今年デビュー25周年を迎え、「強く儚い者たち」など初期曲の魅力にもさらなるスポットが当たる昨今だが、今回のツアーのセットリストは、『クチナシ』(2021年)、『プロム』(2022年)という2枚のアルバムからの選曲(+新曲が1曲)のみで構成。ライブ終盤に「こんなにサービス精神のないセットリストを受け入れてくれて、ありがとう」と語ったCoccoだったが、今この時代にこそ鳴らされるべき『クチナシ』そして『プロム』の深く多彩な楽曲たちをライブで堪能できるのは、ファンにとっても望むところであった。楽曲が終わるたびに起こった、長く大きな拍手がそれを如実に物語っていた。
このツアーでのCoccoのモードは完璧に「今」にある。椎野恭一(Drums)、根岸孝旨(Bass)、長田進(Guitar)、藤田顯(Guitar)、渡辺シュンスケ(Key)という編成で紡ぎ出される圧倒的なバンドサウンドと歌声が終始共鳴し合い、かつてないほどロックでダイナミックなCoccoを魅せた。
Cocco
『クチナシ』の1曲目に収録されている「White dress」でライブスタート。光と影を映し出す照明の妙で、Coccoの纏うネオンピンクのドレスが「白」にも「黒」にも見え、その美しい演出にも心を奪われる。続く「ひとひら」のバンドサウンド。その心地好いヘヴィネスに後押しされるようにCoccoの歌声も強さを増していく。そして、Coccoのクールなラップから沖縄の風を呼び込むようなサビの歌唱へと続く「コバルト」、ジャジーでフリーキーな展開にダークなCoccoの歌声が面白いように転がる「True Lies」と、アルバム『プロム』の中でも抜群にオルタナティブな楽曲が続き、序盤はその歌世界に圧倒される。
Cocco
「今年、沖縄の本土復帰50周年で、意識してなかったけど『プロム』に沖縄(の音)がダダ漏れなのって、そういうことなのかなあって気づいた」とCoccoが語っていたように、オーガニックに柔らかくグルーヴする「ラブレター」にも、やさしい歌声に癒される「ままいろ」にも、そして藤田がコーラスをとり美しいハーモニーを響かせた「結い」(アルバム音源ではスガ シカオと共演している)にも、沖縄が色濃く滲む。「恋い焦がれて」の情熱的なラテンサウンドにも沖縄民謡のグルーヴがミックスされ、その多幸感に歌い終わったCoccoが思わず笑い声をあげる場面も。
“もう力が残ってない そんな力は残ってない”と歌う「PROM」は、その歌詞と裏腹にこの日とても力強く響いた。続く「潮満ちぬ」の荒波のようなバンドアンサンブルも、その中を自由に泳ぐように歌うCoccoの姿がまた感動的だった。このバンドの音が、Coccoをまた歌へと、ライブへと向かわせるのだと感じた。
Cocco
ライブ後半は、ヘヴィなギターリフをバックに深く低く響く歌声で披露した新曲を皮切りに、「夜喪女」「Rockstar」と“ダークサイドクイーン”たるCoccoの真髄がさらに露わになっていく。その流れのなかにあって「光溢れ」のあたたかさ、強さが際立ち、続く「7th floor」の激しいロックサウンドにも包み込むようなあたたかさを感じた。長田の光のようなギターソロやフィードバックノイズまでもが不思議な癒しを感じさせ、Coccoの歌がその音に触発されるようにさらにエモーショナルに響いていく。
Cocco
ラストは美しいピアノサウンドとギターアルペジオに彩られた、圧倒的な光を感じさせる「L-O-V-E」から、ギターのディレイが空間を満たすエーテルのように鳴り響いた「星の子ら」へ。やさしく強く耳に沁みわたるCoccoの歌声、その深みは、まさに今最盛期を迎えていると確信した。終演後、バンドメンバー全員と手を取り合って客席に向け挨拶する姿が微笑ましい。そして最後はステージ中央で最高に優美なレヴェランス(お辞儀)。すべてを出し切ったCoccoはその場でペタンと座り込んでしまうが、明るい照明のもと、はじけるような笑顔が印象的だった。
Cocco
Coccoがこのタイミングで、『クチナシ』と『プロム』をフィーチャーしたツアーを行ったこと、そして鉄壁のロックバンドの布陣で臨んだのは必然だった。25周年という節目をセレブレイトする前に、このツアーはCoccoが“今”を刻むための重要な“プロム”だったのだ。そしてこの“プロム”を終え、11月からは『25周年ベストツアー』が開催されるというニュースも飛び込んできた。今回のライブのMCでCoccoが「次回(のツアー)はサービスします(笑)」と宣言していたように、おそらくはオールタイムベスト的な選曲で、また違った祝祭感に溢れたライブになるのではないだろうか。次なるライブにまたもや期待が膨らむところだ。
Cocco

文=杉浦美恵 撮影=西槇太一

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着