Netflixシリーズ『イカゲーム』シー
ズン2の制作が正式決定 ヨンヒ人形
の“ボーイフレンド”も登場

Netflixシリーズ『イカゲーム』シーズン2が制作されることが正式に決定。あわせて、キービジュアルが解禁されている。
『イカゲーム』は、シーズン1が昨年2021年9月17日に配信開始後4週間で1億4200万世帯が視聴し、日本をはじめ、米国、ブラジル、フランス、など世界94カ国で”今日の総合TOP1”を獲得した、Netflix史上最大のヒットシリーズ。アカデミー賞の前哨戦とも言われる放送映画批評家協会賞のテレビ部門で作品賞・外国語作品賞・主演男優賞の3賞へのノミネートをはじめ、様々な賞を受賞し注目を集め、2021年流行語大賞にノミネートされたり、ハロウィンで日本を含む世界中の著名人が挙って「イカゲーム」の登場人物の仮装をしたりと世界的な社会現象を起こした。
“イカゲーム“とは、韓国の子供たちなら誰もが遊んだことのある陣取り合戦遊びのこと。シーズン1では、年齢も境遇もバラバラな456人が456億ウォンを懸けて6日間、”だるまさんが転んだ”を思わせるゲームや型抜きなど”昔ながらの子供遊び“に挑むことに。しかし、実はこのゲームは”フロントマン“と名乗る怪しげな仮面をつけた男によって仕切られており、脱落=即死となる命がけのサバイバル・デスゲームだった。主人公のソン・ギフン(イ・ジョンジェ)は、ゲームのライバルであり、時には仲間でもある他の参加者と共に、究極のゲームに挑み、勝ち抜きを目指しながら、黒幕の正体に迫っていく。
シーズン2を手掛けるにあたり、続投するファン・ドンヒョク監督は、「昨年、「イカゲーム」のシーズン1を世に送り出すまでに費やした歳月は実に12年。ところがその作品は、わずか12日間でNetflix史上最大の視聴者数を獲得したドラマとなりました。
「イカゲーム」の脚本家、監督、そしてプロデューサーとして、世界中のファンの皆さまに心より感謝を申し上げます。この作品を視聴していただき、そして愛していただきありがとうございます。そしてまもなく、ギフンが帰ってきます。フロントマンも帰ってきます。「イカゲーム」は、シーズン2となって皆さまのもとに戻ってきます。スーツ姿のめんこ男にもまた会えるかもしれません。ヨンヒのボーイフレンド、チョルスも登場します。まったく新たなゲーム、そして最高の物語をご用意して、皆さまをお待ちしています」とコメント。正式な出演者は未定ながら、ギフン(イ・ジョンジェ)やフロントマン(イ・ビョンホン)の登場に触れている。
また、解禁されたビジュアルでは『イカゲーム』のシンボルマークとも言える「○△□」と、ヨンヒ人形(”だるまさんが転んだ“を思わせるゲームで鬼役だった少女のロボット)らしき顔、その目に光る「2」の数字などが描かれている。
Netflixシリーズ『イカゲーム』シーズン1独占配信中、シーズン2制作決定。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着