円神、集大成となる結成2周年ワンマン『円神 Anniversary LIVE ~Second CIRCLE~』でさらなる高みを目指す

円神、集大成となる結成2周年ワンマン『円神 Anniversary LIVE ~Second CIRCLE~』でさらなる高みを目指す

円神、集大成となる結成2周年ワンマ
ン『円神 Anniversary LIVE ~Secon
d CIRCLE~』でさらなる高みを目指す

円神 結成2周年ワンマンライブでさらなる高みを目指す!

結成2周年を迎えた円神による『円神 Anniversary LIVE ~Second CIRCLE~』が6月15日(水)に東京・渋谷Spotify O-EASTで開催された。
「円神」の歌詞・動画・ニュース一覧
https://utaten.com/artist/38282
オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』から選抜されたメンバーで構成される、9人組パフォーマンスユニット・円神の2周年を祝おうと、この日は多くのMU3E(ファンの呼称)が会場をメンバーカラーのサイリウムで埋め尽くした。
さらに、MU3Eが結成日の0時より「#円神結成2周年おめでとう」「#円神2ndAnniversary」というハッシュタグをつけた投稿で円神を祝福するサプライズも用意され、特別感あふれるお祝いムードに染まった1日となった。本公演のチケットはソールドアウト。
急きょ当日は配信でもライブが中継されたワンマンのオフィシャルレポートをお届けする。
開演時間になると、メンバー、スタッフ、そしてファンの3つの円が重なり合ってみんなで作り上げていくというメンバーのA.rikが考えたロゴが煌びやかにスクリーンに映される。
メンバーの写真とともに映像が進むと、「円神、2周年ってどうよ?」と、最年少リーダー・瀧澤翼(以下、瀧澤)を中心にメンバーが会議室で、どのメンバーが一番変わったか、どのメンバーが変わらないかといった議論を繰り広げられた。
変わらないとメンバーが口を揃えたのは結成当時から黒髪の宮里ソル(以下、宮里)。
そして中本大賀(以下、中本)は「顔つきが優しくなったよね」と2周年だからこそ話せる互いの印象を話し、結成当時を振り返った。
さらに、結成した2020年の年末にファースト舞台『nonagon(ノナゴン)~始まりの音~』をやり遂げたことに話が及び、「やりきれてよかったよね」と中本が歌もダンスも未経験だったメンバーもいた円神の当時を回想した。
ステージへ向かうメンバーの映像が終わると、ステージ上には存在感を放った9人のメンバーが一列に並んでいた。
涼しげなシャーベットカラーのセットアップを身に纏い、白いライトがステージを照らす。本公演のセットリストはファンからのリクエストをランキング形式で辿るという豪華な内容となっていたが、聞き覚えのないイントロが流れ、会場の雰囲気は異様な興奮に包まれた。
新曲「We are ENJIN」だ。ポップなナンバーで、フロアは初っ端から歓喜のお祭り騒ぎ、ペンライトはリズムに呼応して大きく揺れる。
メンバーカラーとキャラの立った自己紹介、キラーフレーズをフォーメーションを入れ替えながら優雅に美しく展開する自己紹介ソングのステージで、草地稜之(以下、草地)が「今夜はたっぷり甘えていいよ?」の決め台詞と熊澤歩哉(以下、熊澤)を抱き寄せるパフォーマンスでMU3Eを挑発、熱量を上げる。
さらに、ラストはあらたに披露された“円神ポーズ”で最高のキックオフを飾った。
そして、リクエストのトップ10の弾む重低音のビートから「スマイル」で底抜けの明るさを見せる9人。
続く「Say Your Name」では、宮里のエモーショナルな歌い出しから、中本の《I’m scared...》がこだまし、繊細に表現された楽曲の求心力を増大させ、宮里はスタートからベストを脱ぎ捨てるほど熱いステージを展開した。それぞれの魅惑的な表情をユニットごとに魅せていく姿は圧巻。
さらに、何度も経験する出会いと別れに折り合いをつけながらも次へと進むために“記憶”を本に閉まって一歩踏み出すストーリーを描く「Far away」で、見事なフォーメーションをこなすメンバーの一体感は以前よりも成長していた。
MCでは、瀧澤が「会場の皆さん、盛り上がってますか?」と投げかけると、9人の恒例の自己紹介パートを挟む。
プリンスこと草地が「今夜は俺のそばにいて?」と甘いセリフで締めくくると、ステージはさらに華やかさを増していく。
「新曲を披露しました!」と瀧澤がMCを心地よく進行すると、自己紹介パートはメンバーが考案したという制作秘話も飛び出し、にぎやかなムードに包まれた。
その後、ギアがぶち上がる「ワンタイムショータイムパーティー☆」では山田恭(以下、山田)がラストにおどけたポーズで笑いを誘ったかと思えば、ひと足早い夏を感じさせる円神のメンバーが大量の花を届けるいたずらを企てるキラー・チューン「Peace Summer」を披露。
MVを背面に本楽曲に移ると、空気を夏全開に、互いが熱量を引き出しながら9人の絆を深め、ピースサインを掲げる息のピッタリなステージを魅せた。
早いものでファンリクエストの第5位「Messing Around」が発表されると、中谷日向(以下、中谷)、中林登生(以下、中林)、中本による普段は関西公演でしか披露することのないツアーバージョンの楽曲が披露された。
「Dressing is a way of life」では、こちらもツアーバージョンによるユニットフォーメーションで中本と瀧澤が目くばせしながら心地よいハモりを届け、《夢をえよう》とA.rikが印象づける歌でファッションがテーマのA.rikらしさ溢れる同曲を彩った。
ライブも後半にさしかかると、ここで結成当初の2ショットトークでは2人が互いの印象を語るレアな映像が流れた。
熊澤と山田は、ぎこちない雰囲気の中、熊澤の「もっと(仲を)深めたいよね」という発言を受け、「ハグする?」とハグして見せたり、中谷は「1人になった時に何を話そうかなってなるのが草地」とカミングアウトするなど、初々しい姿が収められていた。
MCでは、中林は「Messing Around」が5位にランクインしたことをよろこびMU3Eを前に、「2周年だから言わせて、メンバーも出会ってくれてありがとう」と照れながらもコメントした。
そして、初となる全国ツアー『円神 FIRST LIVE TOUR ~nonaport~』公演で、nonagonとstaffを掛け合わせた造語“nonaff”(ノナッフ)というスタッフの呼称が誕生したが、今回はそんなnonaffがセレクトしたtofubeatsがリミックスした楽曲「Say Your Name Remix(Short ver.)」、「We Go」の2曲もドロップ。
クールでカジュアルなカーキーの衣装を身に纏った円神メンバーがステージで圧巻のパフォーマンスを披露した。2021年秋のワンマンライブ『円神 Autumn LIVE Daylight』ぶりに披露された「Say Your Name Remix(Short ver.)」はさらにアップデートされ、身体全体を使った目を見張るダンスには、成長を感じずにはいられなかった。
また、求心力増すステージで披露された「We Go」もオフショットを写しながら披露。「We Go」はメンバーの中本も思い入れのある“推し曲”と語り、フロアには涙するMU3Eの姿もあった。
ランキングが映像で披露されるとファンリクエスト3位の「Gunshot!!」でヴォルテージも上昇する。スクラッチと低音の効いたビートに軽快なラップを山田、中谷、中林、中本が披露した。
舞台『nonagon(ノナゴン)~始まりの音~』でも披露された同曲だが、2周年ワンマンでは瀧澤と宮里もラップの制作に参加、ひと味違った楽曲に仕上がっていた。
さらに2位の「ENJIN」とフィナーレを盛り上げた。努力する人に寄り添えるのは、歌もダンスも未経験なメンバーたちも節目のライブを通じて、大きな成長をし、試練を乗り越えてきたから。
そんなふうに優しく寄り添う「ENJIN」のナンバーを、9人は今だから見せられるステージで見事に歌い上げた。
そして、1位の「Addicted」は欲望を剥き出しにしたステージが求心力を増し、どこまでも楽曲の持つ魅力を深めていくようだった。
今まで好きになったことのないタイプの女性を好きになってしまう若い男性の目線が印象的なナンバーだが、同曲の持つセクシーさがMU3Eを虜にしていることがファンリクエスト1位という結果からも伺えた。
「2周年というときを一緒に過ごしてくれたみんな、ありがとうございました」という瀧澤の言葉で本編は締め括られたが、結成当初からこれまで彼らのポテンシャルの高さもさることながら、さらに高みを目指す姿勢をステージからは強く感じられたライブだった。
勝負のライブでもあると瀧澤は本公演に向けた意気込みを語っていたが、この祝福ムードなライブの中には、確実に、そして着実にステップアップしたメンバーの姿が随所に現れていた。


そして迎えたアンコールは「Perfect Step」。白いシャツに着替えて再登場したメンバー。
お馴染み熊澤と山田のコンビがステージを移動し、MU3Eを煽るパフォーマンスをまたしても見せてくれた。最後のMCでは中谷は「ちょうど1年前に有観客ライブをやってここにきてるけど、3年目はもっと盛り沢山なことをしたいと思います」と意気込んだ。
さらに、結成日と誕生月が重なっている草地のメンバーカラーのピンクのケーキがバースデーソングとともに登場し、誕生日をお祝いされる一幕も。メンバーから祝福された草地は、「2周年ということで、3年目も4年目も一緒に歩んで、いろんな景色を見せたいと思います」と笑顔で話した。
さらに、山田は「家族以上に応援してくれる存在がいてくれて嬉しいし、僕の人生は輝いています。この9人とみんなと一緒にもっと大きなステージでライブができることを夢見て頑張ります」と涙ながらにコメント、つられて中本も涙し、結成2周年を噛み締めた。
「もうちょっと、MU3Eと円神のみんなとnonaffと一緒にいたいなって。最後に一緒の宝ものを作りませんか?」と草地が投げかけはじまったラスト「TREASURE」では、メンバーが一斉にタオルを振りまわし、中林も「これから僕たちもっと大きくなります。絶対後悔させません。だから3年目もよろしく」とラストまで輝かしい姿を見せてくれた。
また、ラストに流れた映像で1stアルバム『O』(読み:オー)が9月7日にリリースされることも発表。
そして、1曲目に披露された新曲「We are ENJIN」の先行配信がスタートしたことが明かされた。MU3Eを虜にし続ける円神だが、さらに広い港へ向かい、ここから大きな高みを目指す新たな円神の姿を見届けたい。
取材・文:後藤千尋
カメラマンクレジット:ニイミココロ
セットリスト

『円神 Anniversary LIVE ~Second CIRCLE~』 2022 年 6 月15日(水)Spotify O-EAST (東京)
1.We are ENJIN(新曲)
2.スマイル
3.Say Your Name
4.Far away
5.ワンタイムショータイムパーティー☆
6. Peace Summer
7. Messing Around
8. Dressing is a way of life
9. Say Your Name Remix(Short ver.)
10.We Go
11.Gunshot!!
12.ENJIN
13.Addicted
En1.Perfect Step
En2.TREASURE
配信チケット(PIA LIVE STREAM)アーカイブ2022年6月22日18:00まで販売
(視聴期限2022年6月22日23:59)
▷配信チケット

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着