オーイシマサヨシ 初のZeppツアー・
ファイナル公演 公式レポートが到着

アニソンシンガー・オーイシマサヨシによる初のZeppワンマンツアーのファイナルが6月17日にKT Zepp Yokohamaで行われた。
公式レポートとステージ写真が到着したので、以下、引用する。
オーイシマサヨシZeppワンマンツアーファイナル公式レポート
開演の時を待ち望む会場に突如サイレンの音が鳴り響くと、スクリーンに映し出されたのは今夜の主役・オーイシマサヨシその人の指名手配書だった。どうやら今宵のオーイシマサヨシは捜査網を華麗に躱している逃亡犯のようで、声優・福山潤演じる捜査官にこのステージまで追い詰められたというストーリーが語られる。遂に迫る大捕り物、いよいよ本編がスタート。
ステージを覆っていた幕が下りるとアコースティックギターをかついでオーイシマサヨシが姿を現す。歓迎の拍手が鳴りやむのを待たずに突入したオープニングナンバーは『楽園都市』。レパートリーの中でも随一のファンキーチューンが、ホーンセクションを加えた強力バンドアンサンブルによって増幅され、都会の闇を切り裂く極上のジャズサウンドに仕上がる。
ギターからタクトに持ち替えて『乗ってけ!ジャパリビート』で楽しそうにステージを駆け回ったかと思えば、自らの存在意義を克明に描き出す『エンターテイナー』へと繋いで曲ごとに世界観を鮮やかに切り替えてみせ、はやくもエンジンは全開。
最初のMCではコロナ禍での様々な制限を乗り越え、遂に満員で集まることができたオーディエンスへ感謝を述べると、「みんな、Twitter好き?」と告げるやいなやステージ上でまさかのTwitterタイムへ。歓声は上げられず拍手や手拍子だけのコミュニケーションでは寂しいということで、ハッシュタグ「#オーイシZepp」でやりとりしようと提案。
目の前にいるのにTwitter経由で来場者とやりとりするというオーイシマサヨシならではの異質な演出でファンとの一体感を高めると、ハッシュタグに寄せられた「もっと下手に来い!」といった要求に応えるまま、ステージ上を駆け回る。ツアーファイナルなので特別にMCも長めということだったが、あまりに楽しすぎて永遠に続けてしまいかねないため自制してライブパートへ。
曲中のオーディエンスの振り付けを入念に確認して突入したのは「A3!」への提供曲『MANKAI☆開花宣言』。なんと「MANKAI」の歌詞に合わせてツイートしつつポーズもとって欲しいという腕が3本必要そうな無理難題になんとか応えるオーディエンスに「素晴らしい!」と賛辞を送りつつ、桜色に照らされたステージで伸びやかに歌声を響かせた。次なる『奇天烈ポエマー』も「A3!」への提供曲で、今度はオリエンタルな音色でフロアを妖しい雰囲気に染め上げる。
ここまでの感想を確認するべくスマホを手にとって再びTwitterチェックに入るオーイシだが、「Twitterやってる場合じゃないよ!みんな、一緒に踊りたいよね?!」と光速の手のひら返しから再び丁寧なダンスのレクチャーを挟んで『オトモダチフィルム』へ。誰よりもキレキレのダンスを踊りながらも、うぶな恋心を歌う青春ナンバーを歌い上げると、『キンカンのうた2020』へと続け、今度はキンカン片手にさらにキレを増したダンスを披露した。
ここまでの大成功っぷりに「こんなライブ見たことない!」と本人も振り返り、もはやその思いをツイートするまでもなく会場中が同意の念で満ち満ちる。
次なる曲は最新曲『恋はエクスプロージョン』、ツアーファイナルということで特別にfeaturingした田村ゆかりがステージへ登場……することも期待されていたが、わなかったため一人で歌いきるスペシャルVer.で披露。本来は2人の掛け合いによって描かれるめまぐるしい曲調の変化を1人でやりきるという離れ業をやってのけ、会場中から拍手のエクスプロージョンが巻き起こる。
再びアコースティックギターを構えて届けられたのは『ベイビーミュージックライダー』と『ぜんぶ君のせいだ』。提供曲のセルフカバーとシングルのカップリング曲という普段なかなか演奏されることのない楽曲たちだが、思い入れのある曲として「改めて披露してみたい」というオーイシの思いの元、セットリストに組み込まれた。そんな強い思いをバンド全体が共有するように、アンサンブルはさらに威力を増し、呼応するようにミラーボールの光が降り注いでフロアのボルテージを高めていく。
改めてツアーを支えた頼れるバンドメンバーたちを紹介し感謝を述べていく。「誰かのための音楽もいいけど、自分が気持ちよくなれる音楽も忘れちゃいけない」オーイシマサヨシの意図を120%汲み、演奏で表現する心強いメンバーたちとのセッションを重ねる中でそんな気持ちを抱いたと告げる。「次の曲も、ある意味自分のために書いた曲なのかもしれない」と紹介して届けられたのは、盟友・加藤純一の結婚披露宴で披露した『しあわせチャンピョン』だ。
“もししあわせに形があるならきっと 今日みたいな日を言うのでしょう”
優しい鍵盤の音色からはじまる唯一無二の友への祝福の歌を真っ直ぐに歌う姿に、オーディエンスが純白のペンライトで応える光景は、あの祝宴に負けないしあわせの形を作り出す。
エモーショナルな一幕を終え、クライマックスの気配が漂い始めたところで「みんなと一緒にやりたいことがある」とオーイシマサヨシ。オーディエンスにスマホのライトを点ける定番の演出を呼びかける。次の曲の一番いいところで合図をするからと約束して始まったのは『英雄の歌』。
“世界を歌う主役より 君をずっと感じてる 君をずっと信じてる 君だけの英雄でありたい”
以前とは大きく変わってしまった世界にあって、それでも変わらない等身大の英雄像を描く歌を、魂をぶつけるかのごとく絶唱すると、絶好のタイミングで客席からの暖かな光がステージを照らし出し、誰にとっても忘れることのできない感動的な瞬間を生み出した。
感動に浸る間もなく、今しがたステージから熱唱しながらオーイシ本人がスマホに収めた“映え”必至の映像をその場でツイートするという前代未聞の行動に出たが、サプライズはまだ終わらない。
続く相棒・Tom-H@ckとのユニット・OxTの楽曲『UNION』では、駆け付けることの叶わなかった相方の代わりに客席から今夜の相方を選び出し、フロアにスポットライトを当てて16小節のギターソロをエアギターで披露してもらうという空前絶後のイベントまで発生。
「誰も(ゲストを)呼ばれへん(笑)、ただ、俺にはみんながいる!」と会場を笑わせつつファンを巻き込んで、一瞬たりとも退屈させまいという気概を歌唱から演出の細部に至るまで行き届かせ、さらなる熱狂をフロアに巻き起こすと間髪入れずに『インパーフェクト』へと繋げ、テンションを極限まで高めていよいよクライマックス。
クラップを煽って突入したのは『浪漫飛行』。珠玉の名曲を爽やかに歌い上げ、オーディエンスと合わせて大きく手を振って最高の祝祭空間を完成させる。
そして本編ラストは、トレードマークのアコースティックギターを担いで必殺のスラップ奏法からの『君じゃなきゃダメみたい』でフィナーレ。カラフルなスポットライトを一身に浴びながら、本領発揮と言わんばかりにギターをかき鳴らし、どこまでも伸びてゆくような歌声を轟かせて名残惜しそうにステージを後にした。
アンコールを求める割れんばかりの拍手に応えて颯爽と登場すると、「オーイシ✕加藤のピザラジオ」の企画でつくったエレキギターを手に『ドラゴンエネルギー』を披露。三度目の正直で一緒に歌っている加藤純一とステージに並び立つ……ことは実現しなかったが、事前に録音された歌声と軽妙なセッションを繰り広げ、最後の一滴までエネルギーを絞り出すように、歌声に魂を乗せていく。
「1秒でも長くステージの上にいたくて」計三公演を駆け抜けた初のZeppワンマンツアーを振り返りそうこぼすも、「またいろんな形でみんなに会えるように頑張ろうかな」と切り替えて『ようこそジャパリパークへ』で真なるフィナーレへ。
まるでライブが今始まったかのように全力でステージを飛び回れば、共鳴するようにオーディエンスも大騒ぎ。みんなで「うー!がぉー!」を合わせて、グランドフィナーレを賑やかに彩り、会場を突き破りかねんほどの幸福感が溢れた。
最後の最後には、次回のワンマンツアーの開催も告知され、名残惜しくも再びの邂逅を誓い合って最高の夜は幕を閉じた。
文:オグマフミヤ 撮影:大参久人

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着