BTS Vのプロフィールを紹介!ARMYの
合言葉「ボラへ」の生みの親

非公開練習生としてBig Hitエンターテインメントに入所し、デビュー日までその存在を隠されていた「V(ヴィ)」。彫刻のような美しい顔立ちをしているVは、2017年に「世界で最もハンサムな顔ランキング」で1位に輝いたこともあるメンバーです。
本記事ではそんなVのプロフィールや経歴、家族構成をご紹介します。
BTS Vのプロフィール
BTS Vの経歴
Vの家族構成は?兄弟はいるの?
Vのパフォーマンスを動画でチェック!
BTS Vのプロフィール
本名
キム・テヒョン
フォトグラファー名義
Vante
ニックネーム
テテ、テヒョン、テヒョナ、四次元
生年月日
1995年12月30日
身長
178.8cm
体重
63.9kg
血液型
AB型
出身地
韓国 大邱広域市
所属グループ
BTS
ポジション
サブボーカル、リードダンサー
「V(ヴィ)」とは、BIGHIT MUSICに所属する韓国出身の歌手・俳優です。2013年6月13日に韓国でデビューした7人組ボーイズグループ「BTS(ビーティーエス)」のメンバーで、グループではサブボーカル兼リードダンサーを担当しています。
BTS Vの経歴
中学時代にサックスを習い始めたVは大会で金賞を受賞するほどの腕前の持ち主であり、サックス奏者を夢見てレッスンに励んでいました。そんなVがBig Hitエンターテインメントに入所したきっかけは、友人の付き添いでBig Hitエンターテインメントの公開オーディションに訪れたこと。帰り際にスタッフからスカウトされたVは、後日行われた非公開オーディションを経て非公開練習生となります。
BTSのメンバーとしてデビューすると、そのビジュアルやスキルから瞬く間に人気を博したV。デビュー後はグループの活動はもちろんのこと、楽曲の作詞・作曲に携わったり、俳優デビューを果たしたりと幅広い分野で活躍しています。
【経歴】
2011年:Big Hitエンターテインメントに入所。
2013年:6月13日、BTSのメンバーとしてデビュー。
2014年:韓国芸術高等学校を卒業。グローバルサイバー大学に入学。
2015年:4月29日にリリースされたBTSの4thミニアルバム『花様年華 pt.1』の収録曲「Hold Me Tight」の共同プロデュースを手掛け、作詞・作曲デビューを果たす。2016年:10月10日に発売された韓国での2ndスタジオアルバム『WINGS』に収録された初のソロ曲「Stigma」の作詞・作曲に携わる。時代劇「花郎」で俳優デビューを果たす。
2018年:5月7日、2曲目となるソロ曲「Singularity」をリリース。時代劇「花郎」で第13回Soompi Awardsの最優秀アイドル俳優を受賞。JINとともにドラマの挿入歌「死んでも君だよ(英題:It's Definitely You)」を担当。
2019年:1月30日、自身で作詞・作曲を手掛けた自作曲「Scenery」をSoundCloudでサプライズリリース。ソロ曲「Singularity」で第14回Soompi Awardsで最優秀振付賞を受賞。2曲目となる自作曲「Winter Bear」をSoundCloudからリリース。なお、フォトグラファー名義のVanteとしてジャケット写真を担当した。
2020年:漢陽サイバー大学大学院広告メディアMBAに入学。2月21日にリリースされたBTSの4thスタジオアルバム『MAP OF THE SOUL: 7』のソロ曲「Inner Child」の作詞・作曲に携わる。
2021年:12月6日、個人のInstagramアカウントを開設すると4時間52分でフォロワー数1,000万人を突破し、ギネス世界記録となった。
Vの家族構成は?兄弟はいるの?
Vの家族構成は両親と妹と弟の5人家族で、ポメラニアンのヨンタンも忘れてはいけません。ファンの間では「Vとヨンタンがそっくり!」と話題になることもしばしば。
Vの家族は一般人なので詳しい情報はありませんが、母親はBTSのライブをよく見に行っていることや、Vの家族に対する発言から仲の良い家族であることがうかがえます。ちなみに、Vは幼少期から14年間祖父母に育てられていたそうです。
Vのパフォーマンスを動画でチェック!
BTS - Boy With Luv(V FanCam)
2019年4月12日リリース、BTSの「Boy With Luv」。VのFanCamのYouTube再生回数は1.3億回を突破しています。Vのコロコロ変わる表情やハイトーンボイスにハートを撃ち抜かれること間違いなし!
BTS - Butter(V focus)
2021年5月21日リリース、BTSのデジタルシングル「Butter」。どうしても彫刻のような美しい顔立ちに目がいきがちですが、歌唱力もダンススキルも表現力も高く、どのパフォーマンスを見ても欠点が見当たりません!
V(BTS) - Christmas Tree
2021年12月24日クリスマスイブに配信され、日本では2022年1月13日にリリースされたVのソロ曲「Christmas Tree」。韓国ドラマ「その年、私たちは」のOSTで、Vの切ない歌声が胸に響く1曲です。
まとめ
ARMYの合言葉「ボラへ(ムラサキするよ)」の生みの親であるV。現在は俳優としても活躍しており、2018年にはSoompi Awardsの最優秀アイドル俳優を受賞しました。
アイドル、俳優、楽曲プロデュース、フォトグラファーと幅広く活動しているVは、今後どのような活躍を見せてくれるのでしょうか?Vのさらなる活躍に期待しましょう!

Dews

ダンスの情報ならダンスのニュースを網羅するポータルサイトDews(デュース)。ダンサー情報やダンス動画、ダンスミュージック、ダンスイベントバトル、コンテスト、オーディション情報をいち早く配信します。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着