めっちゃコラムやねん! 第14回 松田
颯水の好きな言葉

来たぜ7月〜!

17日が誕生日なので、7月は基本浮かれている松田颯水です!
夏バテには早すぎるけど!
みんな健康に過ごしているかい?
さて。
「好きな言葉」をテーマにそらそら(大空直美)、ゆいし(中島唯)、とそれぞれ胸が熱くなるコラムが毎月あがっている「めっちゃコラムやねん」。
ええなぁ……とても素敵や……て、じっくり読ませて頂きました。
松田はね、座右の銘とか大切にしている言葉が色々あって。
今回はその中でも「声優としてこうありたい」と胸に抱いている言葉を書こうと思います。
それは
「花の名を忘れても、花の美しさを人は知っている」
という言葉。
たとえば作品を観たときに「松田颯水」という名前を思い出せなかったり、忘れてしまってたとしても、声を聴いて
「あ、この声好きやな」
「懐かしい声やな〜観てた頃楽しかったな」
みたいな。
視聴者のみんなをパッとポジティブな感情にできる声優になりたいんです。
そこには「松田颯水」はどんな人だとか、こういう考え方の人だとかそういうパーソナルな情報はなにもいらなくて。
必要なのは「松田颯水の声の芝居」だけ。
これだけで人をポジティブな気持ちにできたら最高やなって。
そしてね、実はこの言葉は忍風戦隊ハリケンジャーに登場した愛おしいキャラが散り際に残した言葉でして。
そのシーンを観た時に「いつか自分がこの世界から居なくなる日がきて、名前を忘れられたとしても。作品を観た誰かの中に『松田の声が好き』て気持ちが残ったらええな」と思ったんです。
わぁお
文字に起こすとなんだか照れるね。
「誰かのため」に頑張れるのもすごく素敵なこと。
でもただただ「我自身のため」にワガママに「人の記憶に残ってたい!」て思う自分も好きになりました。
誰かの、忘れられへん花となれますように。
声優としてお仕事できてる日々に改めて感謝しつつさらにがんばるで〜!
今回は真面目なお話しましたが!
次回からはのんびりコラムになるかな?
どうかな?
来月はそらそらが担当やで〜
暑すぎる7月やからいっぱい水と塩分摂ろね!
ほなね〜

アーティスト

新着