みんなあの頃好きだった!一世風靡し
たなつかし曲から今流行のあの曲まで
すべて収録!現役DJが選んだ超定番ク
ラブミュージック50曲

今回はクラブミュージック好き、洋楽好き必見の記事です。
俗にTOP40といわれる売れ線のクラブミュージックを古今東西かきあつめて50曲セレクトしました。

こういう試みは意外とおもしろいなと思い、皆さんが聞いたことあるけど曲名がわからない曲や、懐かしくなるような曲を想像しながら書いてみました。
なんでちょっと前に流行った曲がCLUBでどんどん流れなくなってしまうかも説明しながらご紹介します!

ちなみにyoutubeの動画を埋め込み過ぎてページが尋常じゃなく重いのでPCから閲覧していただくか、ゆっくり出来る時に見ていただくことをおすすめします!

ちょっと前に流行ったヒット曲が聴きた
い!

昔よくかかっていた大ヒット曲って、今のクラブじゃなかなか聴く機会がなくなってしまいましたよね。
2,3年前に流行っていた曲って、人によっては一番クラブに通っていた時期真っただ中に聴いていた曲ばかりだということもあると思います。
そういうなつかしい曲を大音量のCLUBで聴きたいのに今じゃどこで聴けばいいのかわからない。
かと思えば、最近は世界的EDMブームの影響で、ヒット曲といわれる曲はEDMばかりという現状。

日本人は基本的に周りに迎合するタイプ、流行に敏感であわせるタイプが多いので、最近の急激なEDMブームに少し違和感を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

CLUBは最新の音楽を届ける場所

CLUBという場所自体、お客さんを音でたのしませる場所です。
DJ目線で言うと、今世界で流行っている音楽をDJが提案するようにいろいろな曲の流れの中でうまくかけることで
お客さんに新しい音楽を、またその盛り上がり方を教えてあげられるのが理想のCLUBです。
そういう風にしてその時代の新しいヒットソングが誕生していきます。

ですから、どんどんヒット曲も時代の流れにあわせて移り変わっていくんです。曲も世代交代のようなものがあります。
ただやはり新しい曲ばかりでは盛り上がりにくく、新しくなくても知っている曲でテンションが上がるのは当たり前ですよね。
なので、ちょいちょい前に流行った曲も混ぜながら、DJは1日全体の音の流れを構成します。

実際のところは、クラブ定番曲のようにして古い曲でもいつでも盛り上がるような確固たる位置を築いてしまっている曲もいくつかある状態ですけれども。

DJのジレンマ

DJはお客さんを盛り上げてなんぼの世界ですが、やはりかっこよさを求めます。

DJはイケてる曲を好んで曲をかけます。
基本的に新しい方がイケてるため、古い曲がイケてないという感覚があります。
そしてみんなが盛り上がる曲は、誰がかけても盛り上がるからあえて使わない、
自分にしか選曲できないであろう曲で個性を出して自分のDJの価値を出す。
こういう感覚があるんです。

ただ、お客さんの心をつかんでいないと好きなプレイをやってもお客さんがついてこないため、
あいさつがわりにヒット曲を使うことがあるでしょう。ただ本来DJは、その曲たちで盛り上げたいわけではないはずです。

DJとお客さんの音楽に対する感覚っていうのはかなり離れているものだと思います。
仕事としてDJをやっているため、DJはみなさんが毎日仕事しているように音楽を見つける仕事をしています。
だからどんどんお客さんに聴かせたい曲は日々たまっていくわけです。
一方、お客さんは週1度、いや月1度CLUBにいく習慣がある人がほとんどかと思います。
ここに時間・流行のズレが生まれるわけです。

「知らない間にEDMというのが流行っていて、なんか周りがみんな言っているからEDMを知らないとださいんじゃないか。」
「とりあえず好きな音楽を聞かれたらEDMって言っておけばまちがいないよね。」
って思っている方も少なくないと思います。

あんなにTOP40と言われるヒット曲で盛り上がっていたのに、いきなりヴォーカルなしのEDMで盛り上がっている。
このズレを埋められている人はかなりの時代適応能力がある方、そして流行に敏感な方だと思います。

しかし年齢が上になればなるほど、POPSが好きだったり、さらに前に流行ったトランスが好きだったりする人が多いです。
どの時代に流行った曲も、時代に左右されない曲のよさは必ずあります。流行るべくして流行る、その曲に流行る理由があるはずです。

とはいうものの、いつまでも盛り上がる曲が変わらないのもつまらなくてCLUB文化が衰退してしまいますよね。
人は新しいものを無意識に求めてしまう生き物なので。

CLUB文化という大枠で考えたときには、流行に敏感なDJがそれを知らないお客さんをリードするべきですし、流行のズレを埋めるためのリードのやり方を日々考えるべきだということが言えるでしょう。
ここまでざっと書きましたが、現役DJ目線でいうとこういうことが実際の現場で起こっていると思ってます。

ここまでで何が言いたいかというと

まとめます。
ここまで何が言いたかったかというと、ちょっと前に流行った曲を好きな人もいるし、新しい曲が好きな人もいるということです。
ちょっと前に流行った曲というのは、どんどん時代に埋もれていってしまうこともたしかです。
なので、ここらで一度記憶にとどめておく、またはまた懐かしんで聴きたい人のために、50曲あげてみようと思いました。
時がたつにつれ、ここにあげた50曲の中の新しめな曲も世代交代をして古い曲と言われてしまう日がくるわけですけれども。

それでは、古今東西!大定番曲50選!一挙ご紹介します!
50曲が意外と少ないもので、紹介しきれなかったため、少し絞ります。
定番曲であり、さらに盛り上がれるものをセレクトしてみました。

というのは、DJがよく”S曲“、”A曲“というような、盛り上がるものだけを集めています。
有名な曲でも盛り上がるのに少しビートが弱いなーというものがありますよね。
これだけ聴いておけば間違いないやつあげておいたので、みなさん好きなやつ選んで聴いてみてください!

「これを待っていた!」という感想をお待ちしております。笑

<POPS系>

定番といえばOne Directionのようなティーン世代が歌う青春系の明るいPOPSですよね!
このまとまりの曲たちは口ずみやすいものが多いのがうれしいですよね。
病んでいるときや、テンション上げたいとき、いかがでしょうか?

Live While We’re Young / One Direc
tion

What Makes You Beautiful / One Dire
ction

Good Time / Owl City & Carly Rae Je
psen

Timber / Pitbull ft. Ke$ha

Die Young / Ke$ha

Beauty And A Beat / Justin Bieber f
t. Nicki Minaj

I Love It / Icona Pop ft. Charli XC
X

Call Me Maybe / Carly Rae Jepsen

<Chris Brown系>

Chris Brown (クリス・ブラウン) はR&BやHIPHOPが多いですが、速い曲も大ヒット定番曲が多いですね!
『Yeah 3X』をはじめ、このまとまりも叫ぶことができる曲ばかりな気がします。
Chris Brownの軽快でキレキレな踊りにも注目です!

Yeah 3X / Chris Brown

Don’t Wake Me Up / Chris Brown

International Love / Pitbull ft. Ch
ris Brown

Turn Up The Music / Chris Brown ft.
LMFAO

<Nicki Minaj系>

ボン・キュッ・ボンの代名詞、派手な衣装でもおなじみのNicki Minaj (ニッキー・ミナージュ)。
よくよく考えるとEDM寄りな曲が多いですが、EDMとPOPSの中間のようないい位置をキープしてますね!
こういう曲が、EDMブームの入り口を広くしたといっても過言ではないと思ってます。

Turn Me On / David Guetta ft. Nicki
Minaj

Starships / Nicki Minaj

Pound The Alarm

<Flo Rida系>

パーティーの定番といえば、Flo Rida (フロー・ライダー) のラップですよね!
どの曲もノリやすく、踊るためにつくられている曲だといえます。
個人的にですが、Flo Ridaの曲ってサビが一番盛り上がるわけではないおもしろい曲だなーって最初思ってました。笑

Hangover / Taio Cruz ft. Flo Rida

Where Them Girls At / David Guetta
ft. Nicki Minaj, Flo Rida

Club Can’t Handle Me / Flo Rida ft
. David Guetta

Good Feeling / Flo Rida

I Got Feeling / Black Eyed Peas

I Cry / Flo Rida

次はLMFAO系をご紹介!

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着