ライヴ写真@東京音楽会館小ホール_1

ライヴ写真@東京音楽会館小ホール_1

一青 窈、イベント『大友直人 produ
ce POPULAR WEEK』模様が本日WOWOWで
放送!

3月5日(水)に待望の4thアルバム『Key』を発売した一青 窈が、5月にスタートする全国ツアーに先駆け、本作の世界観をいち早くファンにお披露目するイベント・ライヴ『大友直人 produce POPULAR WEEK』を3月3日(月)東京音楽会館小ホールにて行った。
今回のライヴは、東京文化会館の音楽監督も務める指揮者・大友直人がプロデュースする『POPULAR WEEK』の一環として企画されたイベント。客席は600席というコンパクトな造りながら、普段はクラシックの演奏会を開催するホールらしい凛とした雰囲気が漂う。そんな美しい音像空間に響く、やわらかな語り。78年9月20日、台湾人の父と日本人の母の間に私は生まれました——。「年年歳歳」から始まった第一部は、一青 窈作品には欠かせないプロデューサー・武部聡志のピアノに乗せて、彼女自身の生い立ちを朗読劇のように綴っていく。父と離れて暮らす幼い彼女の寂しさを埋めてくれた手紙。その日記のような文章が、現在の歌詞の原形になったと語った「パパ→ぱぱへ」。そして思い出を沢山残してこの世を去った父と母への思いや、自分の歌を聴きたいという人が一人でもいたら歌い続けようと誓った、あの日の決意も……。「26才のとき、私の思いがすべて流れていく、素敵な曲と出会いました」。デビュー曲「もらい泣き」へたどり着くまでの日々を、感情表現豊かに演じてみせ、万雷の拍手が降り注いだ。

第二部は打って変わって、新作アルバム『Key』収録曲を中心に構成。ギター/パーカッション/弦楽四重奏の音色が加わって、1曲1曲の世界観を多彩に色づけしていく。「Key」「ドミノ」では、身体全体で軽やかなリズムを刻む彼女に合わせ、客席からは自然と手拍子が沸き起こった。そんな会場に向けて、3月3日(月)ひなまつりならではの趣向も。ステージへ登場するとき手にしていた桃の木を、彼女と同じ女性のファンに手渡しでプレゼント。温かいムードで包まれたこの日のライヴでは、「ハナミズキ」などで手話を披露し更に見応えを与えた。また、マイクを使わない生の声を響かせたアンコール「アリガ十々」「望春風」まで、人肌の温もりと感動がそこには満ちていた。

このイベント・ライヴ『一青 窈 スペシャルライブ』の模様は、本日3月15日(土)18時半〜20時にWOWOWにて放送されるのでお見逃しなく!

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着