『働楽〜ドウラク』発売記念ライヴ写真

『働楽〜ドウラク』発売記念ライヴ写真

大学生・会社員など観客約300人を前
に『働楽〜ドウラク』発売記念ライヴ
を開催!

3月19日(水)に発売された「働くを楽しもう!」をコンセプトにしたコンピレーション・アルバム『働楽〜ドウラク』。本作は、タイトルにもなっている「働楽〜ドウラク」という1曲の歌から生まれた。
この曲は、ニッポン放送『おちまさとのTHE放送サッカーズ』の番組内の企画『上原隆CDデビューへの道』から生まれたコンセプト・ソング・上原隆自らが街中に繰り出し、実際に働く人の声を集めながら歌詞の原型を作成させ、その詞やエピソードをもと元に、今話題のシンガー・ソングライター馬場俊英が作詞・作曲を担当したもの。07年4月には『上原隆のオールナイトニッポンサポーターズ』が放送開始。毎回様々なジャンルからゲストを迎えて「働楽」を体現。リスナーからの生のメールや声に向き合いながら番組を展開されている。その番組から今回のコンピレーション・アルバムが企画され発売されることとなった。
そんなコンピレーション・アルバム『働楽〜ドウラク』の発売を記念して、川嶋あい、我那覇美奈、かりゆし58、遊吟の4アーティストを迎え、3月20日(木・祝)に、お台場パレットタウン内 パレットプラザにて無料ライヴが開催された。
当日は、このライヴのMCである上原隆がパーソナリティーを務めるニッポン放送『上原隆のオールナイトニッポンサポーターズ』のリスナーのほか、パレットタウンに遊びに来た来場者などが足をとめ、約300人の観客が集結した。

上原が今回のアルバムのコンセプトである「働楽〜ドウラク」の歌詞が作られた経緯などの説明をしたあと、川嶋あい、我那覇美奈、かりゆし58、遊吟の4アーティストが登場。「雨の中寒いですが、(音楽に合わせて)体を動かして楽しんでください」と挨拶をした。その後、遊吟、我那覇美奈、かりゆし58、川嶋あいの順にそれぞれアルバム収録曲など計10曲を披露。観客の中には、就職を控えた大学生や実際に働いている会社員なども多く見られ、アーティスト達は、歌を通じて「働くことを楽しもう!」と彼らを元気づけた。ライヴの最後には、上原隆が音頭をとり、会場が一体となって「1、2、4、2、ドウラク(働楽)!」と叫び、最高の盛り上がりをみせるなか、1時間30分のライヴは終了した。

なお、このイベントの模様の一部は、3月23日(日)に放送される『上原隆のオールナイトニッポンサポーターズ』にて放送されるので、残念ながら当日足を運べなかった方々は是非お聴き逃しなく!

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着