『ブラバン!六大学野球』ジャケット画像

『ブラバン!六大学野球』ジャケット画像

ハンカチ王子も聴いてる!? 東京六大
学野球の応援ブラバン・コンピ発売!

ハンカチ王子こと斎藤佑樹投手の早稲田大学入学で、早稲田戦チケットが売り切れるなど、いつになく盛り上がった昨年の東京六大学野球リーグ。今年は同リーグ初のカレンダーに、野球カードと関連商品も続々と発売されるなか、各校の応援団が演奏する応援歌を収録したコンピレーション・アルバム『ブラバン!六大学野球』が4月2日(水)に発売された。

六大学のブラバン演奏は1949年、明治大学に吹奏楽部が誕生したのが始まりで、60年近い歴史を持つ。甲子園や中日ドラゴンズで今や、すっかり定番となった「狙いうち」は明治大学が最初に演奏。阪神タイガース応援団で有名になった「セントポール」(立教)に、「コンバットマーチ」(早稲田)、「ダッシュケイオー」(慶應)、「チャンス」(法政)など、高校野球やプロ野球でお馴染みの応援曲のルーツは東京六大学野球が発祥ということが多い。
高校野球の応援曲は、1選手もしくは1イニングにひとつの曲を演奏するのが通例だが、東京六大学野球は攻撃イニング時に複数の曲をメドレー形式で繋いで演奏するのが特徴。これはチャンスパターン・メドレー(通称:チャンパ)と呼ばれ、今回のCD制作に当たり、各校応援団から門外不出の伝統の譜面を借り、60年の歴史で初めて学生以外の演奏が実現! また、六大学応援もうひとつの特徴であるメドレー曲間のコール(かけ声)も応援団の監修で忠実に収録。

かっては星野監督(明治OB)、田淵&山本コーチ(法政OB)が、今ならハンカチ王子こと、斎藤佑樹投手が耳にしている東京六大学野球の応援曲。4月12日(土)からはいよいよ春季リーグが開幕。このCDでしっかり予習して神宮球場に出かけよう!

【リリース情報】
■ブラバン!六大学野球
2008年4月2日(水)発売
¥2,500(税込)/UICZ-4176
指揮:齊藤一郎/演奏:東京佼成ウインドオーケストラ
協力:東京六大学野球連盟

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着