レオナ・ルイス アーティスト写真

レオナ・ルイス アーティスト写真

米英を制覇した奇跡のディーヴァがジ
ャパン・チャート上位に登場

<Billboard Japan>チャート2008年4月14日付(3/31〜4/6)総合チャートHOT 100は、堂本剛の変名プロジェクト、244 ENDLI-xの「Kurikaesu 春」が2週目で1位獲得。2位がL'Arc〜en〜Ciel「DRINK IT DOWN」、先週17位から大きくランクを上げ3位となったのは大橋卓弥の「ありがとう」、先週1位だった安室奈美恵の「NEW LOOK」は4位だった。

全英で新人ながらシングル/アルバムともに7週連続1位を獲得、先日アメリカのBillboad HOT 100も1位を獲得した奇跡のディーヴァ、レオナ・ルイスが遂にジャパン・チャートにも登場した。リード・シングル「ブリーディング・ラヴ」がリリース前ながら先週33位から一気に5位にランクアップ、ラジオでのエアプレイ数が2位となったことが原動力となった。
またイギリスの3人組フージアーズの「グッバイ・ミスター・A」が6位に登場。このポップなナンバーは5月24日(土)から公開される映画『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II 〜私を愛した黒烏龍茶〜』の主題歌に決定、『SUMMER SONIC 08』への出演も決定とこれからフージアーズの名を耳にすることが増えそうだ。その他にも今週アルバム『プリティ。オッド。』がリリースされたパニック・アット・ザ・ディスコの壮大なポップ・ナンバー「ナイン・イン・ジ・アフターヌーン〜恋するタイミング」が12位、前述のフージアーズといい洋楽ではフックの印象のつよいポップな曲がラジオ・オンエアを中心に人気のようだ。

アルバム・チャート<Billboard Japan> Top AlbumsはEXILEのベスト・アルバム『EXILE CATCHY BEST』が2週連続で1位、aikoの『秘密』が2位、加藤ミリヤの『TOKYO STAR』が3位、木村カエラ『+1』が4位と女性シンガーの最新アルバムがいずれも初登場でチャート上位を占め、先週3位の青山テルマ『DIARY』が5位、シングル・チャート1位の244ENDLI-x『I AND 愛』が6位となっている。

アーティスト

タグ

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    連載コラム

    • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
    • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
    • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
    • MUSIC SUPPORTERS
    • Key Person
    • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
    • Editor's Talk Session

    ギャラリー

    • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
    • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
    • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
    • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
    • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
    • SUIREN / 『Sui彩の景色』
    • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
    • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

    新着