『SHINE A LIGHT』ジャケット画像

『SHINE A LIGHT』ジャケット画像

UKチャート、ダフィ1位に返り咲き、
ストーンズが2位に

4月14日付UKシングル・チャートは、依然強さを見せているEstelleがカニエ・ウエストをフィーチャーした「American Boy」が3週目の1位に突入。数週間前から要注目のトラックだったロサンゼルスを拠点に活動している男性ソウル・シンガーSam Sparroの「Black and gold 」がいよいよ2位まで上がって来た。
続いてフロー・ライダーのシングル「LOW」が3位、マドンナ FT ジャスティン・ティンバーレイクの「4 Minutes」が4位、マライア・キャリーの「Touch My Body」が5位と小幅な動きが目立つ。
今週要注目は初登場で9位につけた、スウェーデン・ストックホルム出身の女性シンガーSeptemberの「Cry for you」、キャッチーなフックが売りの王道クラブ・ポップで大ヒットの雰囲気を漂わせている。
84位から11位と急上昇はBlack Kids「I'm Not Gonna Teach Your Boyfriend」。かねてから注目を浴びていたフロリダ出身のインディー・バンドでDuffyに続き元スウェードのバーナード・バトラー、プロデュース。疾走間溢れるダンサブルなロックナンバーでロックバンドの中ではこの夏台風の目になる可能性大なので要注目である。

一方アルバム・チャートは先週2位に陥落したDuffyの『ROCKFERRY』が再び首位に帰り咲き。ローリング・ストーンズの最新ライヴ盤で、マーティン・スコセッシ監督によるライヴ・ドキュメンタリーのサントラ『SHINE A LIGHT』が2位。先週1位のR.E.M.の『Accelerate』は3位。先週シングル・チャートでも目覚しいアクションを示したマンチェスター出身の期待のバンド、Courteenersのアルバム『St Jude』が4位に初登場。またフロントマンのティム・ブースが復帰した英国の国民的人気バンドでジェイムスの新作『HEY MA』が初登場10位に登場している。

アーティスト

タグ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着